スマートフォンサイトはこちら
  1. 笹井 隆秀
沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

研究スタッフ紹介

笹井 隆秀

笹井 隆秀 (ささい たかひで)

専門分野 爬虫類学
研究内容
  • 海棲爬虫類の生態学的・行動学的研究

経歴

  • 2021年:(一財)沖縄美ら島財団 水族館事業部 海獣課 兼 総合研究センター動物研究室 現職
  • 2019年:(一財)沖縄美ら島財団総合研究センター
  • 2013年:神戸市立須磨海浜水族園 学芸員
  • 2013年:琉球大学大学院理工学研究科海洋自然科学専攻 博士前期課程 修了
  • 2011年:琉球大学理学部海洋自然科学科 卒業

委員歴

  • 2019年-現在:日本爬虫両棲類学会 役員(会計幹事補佐)
  • 2018-2020年:ミヤコカナヘビ飼育管理検討会議委員(日本動物園水族館協会生物多様性委員会)

論文・レポート・報告書

  • Sasai T, Kino M, Miyamoto K, Okabe H, Maeda Ko, Fukada S, Maeda Ke, Kobayashi N, Kobuchi T, Makabe M, Kawazu I. 2021. Evaluation of Marine Debris Ingestion in Sea Turtles around Okinawa Island, Japan. Marine Turtle Newsletter 163: in press.
  • Sasai T, Yamamoto T, Oka S, Toda M. 2021. Addition of the Sea Snake, Hydrophis stokesii (Squamata: Elapidae), to the Herpetofauna of Japan. Current Herpetology: in press.
  • Fujishima K, Sasai T, Hibino Y, Nishizawa H. 2021. Morphology, diet, and reproduction of coastal Hydrophis sea snakes (Elapidae: Hydrophiinae) at their northern distribution limit. Zoological Science: in press.
  • Takahata A, Negishi R, Oumi S, Sasai T. Hawksbill turtles nested for the first time in 23 years on Odo beach of southern part of Okinawajima Island, Japan. Umigame Newsletter: in press (in Japanese with English abstract)
  • Kishida T, Toda M, Go Y, Tatsumoto S, Sasai T, Hikida T. 2021. Population history and genomic admixture of sea snakes of the genus Laticauda in the West Pacific. Molecular Phylogenetics and Evolution. https://doi.org/10.1016/j.ympev.2020.107005.
  • 岡慎一郎, 笹井隆秀, 花原望, 宮本圭, 小林大純, 村田尚史, 前田健. 2021. 沖縄県におけるヒョウモンドジョウの遺伝的特性. Fauna Ryukyuana. 59: 57–61.
  • Sasai T, Seiko T, Kutsuma R, Tokuyama T. 2020. Laticauda laticaudata (Blue-lipped Sea Krait) predation. Herpetological Review. 51: 621.
  • Yi CH, Park J, Sasai T, Kim HS, Kim JG, Kim MS, Cho IY, Kim JM, Kim IH. 2020. Complete mitochondrial genome of the Hydrophis melanocephalus slender-necked sea snake (Squamata, Elapidae). Mitochondrial DNA Part B. 5: 1406-1407.
  • 土井敏男・長澤和洋・市川勝己・大嶋範行・笹井隆邦・辻村允夫・笹井隆秀・鈴木孝典・岡本佳菜子・東口信行・青山茂・藤田宏之・宮本園子. 2019. 神戸市における希少ヘビ類4種の分布記録. 人と自然. 30: 109-119.
  • 笹井隆秀・上野真太郎・石原孝. 2019. 死亡したメスと交尾していたミシシッピアカミミガメTrachemys scripta elegansの観察事例. 亀楽. 17: 2-3.
  • Yi CH, Park J, Sasai T, Kim HS, Kim JG, Kim MS, Cho IY, Kim IH. 2019. Complete mitochondrial genome of the Ijima's Sea Snake (Emydocephalus ijimae) (Squamata, Elapidae). Mitochondrial DNA Part B. 4: 2658-2659.
  • Kutsuma R, Sasai T, Kishida T. 2018. How snakes find prey underwater: sea snakes use visual and chemical cues for foraging. Zoological Science. 35: 483-486.
  • Mochida K, Sasai T, Kadota Y, Nishikawa M, Itou M. M, TODA M. 2018. Thermal reaction norms of locomotor performance in lacertid lizards of the Genus Takydromus. Current Herpetology. 37: 114-123.
  • 笹井隆秀・上野真太郎・東口信行. 2018. 野外捕獲されたカミツキガメおよびワニガメについて. 亀楽. 15: 4.
  • 三根佳奈子・笹井隆秀・上野真太郎. 2017. 春に土から現れたアカミミガメの幼体. 亀楽. 14: 18-19.
  • 角田羊平・青柳克・徳山孟伸・才木美香・笹井隆秀・戸田守・前之園唯史. 2016. 宮古島および伊良部島における稀少なヘビ2種,ヤエヤマヒバァとサキシマバイカダの観察例. AKAMATA. 26: 25-30.
  • 笹井隆秀・亀田和成・伊澤雅子. 2016. 西表島南海岸におけるリュウキュウイノシシSus scrofa riukiuanusによるウミガメ卵捕食と砂浜利用の季節的変化. 哺乳類科学. 56: 97-103.
  • 笹井隆秀・才木美香・戸田守. 2016. ミヤコカナヘビの繁殖行動の観察および体表面の噛み痕について. AKAMATA. 26: 19-24.
  • 上野真太郎・笹井隆秀・長田信人. 2015. 神戸市におけるカミツキガメChelydra serpentinaの捕獲記録. 亀楽. 10: 16.
  • 藤田喜久・笹井隆秀. 2014. 宮古島に定着したヤエヤマイシガメによるミヤコサワガニの捕食. 沖縄生物学会誌. 52: 53-58.
  • 上野真太郎・笹井隆秀・石原孝・谷口真理・三根佳奈子・亀崎直樹. 2014. 日本に産するカメ類の食性(総説). 爬虫両棲類学会報. 2014: 146-158.
  • 亀田和成・阿部悠・笹井隆秀・伊澤雅子. 2013. 琉球列島におけるリュウキュウイノシシによるウミガメ卵の捕食の記録. うみがめニュースレター. 97: 2-8.
  • 戸田守・笹井隆秀・木寺法子・城間恒宏・藤本治彦・岡村麻生. 2013. 宮古・八重山諸島におけるキシノウエトカゲの生息状況調査. 沖縄県天然記念物調査シリーズ第46集キシノウエトカゲ生息実態調査報告. 11-53.
  • 劉威廷・笹井隆秀. 2012. サキシママダラによるキシノウエトカゲの捕食の観察. AKAMATA. 23: 17-20.
  • 笹井隆秀・角田羊平. 2012. 具志川島におけるアカマタによるアカマタの捕食例. AKAMATA. 23: 6-8.
  • 笹井隆秀・大嶋大地. 2010. 座間味島におけるオキナワトカゲの再発見. AKAMATA. 21: 33-35.

書籍等

  • 笹井隆秀(分担執筆). ウミヘビの餌の見つけ方. 2019. Caudata第3号, 有尾社, 19-21.

学会

  • 沖縄生物学会
  • 日本爬虫両棲類学会
  • 沖縄両生爬虫類研究会
  • 日本ウミガメ協議会

年報

令和2年度

調査研究編

ページTOPへ