スマートフォンサイトはこちら

CSR・環境・社会貢献

人と自然が共存できる持続可能な社会を目指し、さまざまな取り組みを通して地域社会へ貢献します。

トップメッセージ

  • 「”経営方針” すなわち ”CSR”」という考え方に基づき、事業運営を行っています。

  • 沖縄美ら島財団は、2004年(平成16年)にISO14001の認証を取得しています。

  • 沖縄美ら島財団が取り組むSDGsについてご紹介します。

CSR活動報告

沖縄美ら島財団は、市民の心身の健全な発達及び環境の保全に寄与すること、
ならびに地域社会へ貢献することを事業目的として活動しています。

 

 

世界遺産の取り組みについて

沖縄美ら島財団は、40年以上にわたり国営公園の管理運営、亜熱帯性の動植物に関する調査研究、
技術開発や普及啓発を実施し、豊富な成果とノウハウがあります。
これらは、生態系の危機など様々な環境問題に対応し、沖縄の自然環境の保全、歴史文化を
活かした観光と持続的な地域振興を目指すものです。

【奄美・沖縄の世界自然遺産登録に向けた活動】
2019年7月に「世界自然遺産推進共同企業体」が発足しました。
県内39企業で構成される共同体であり、当財団は理事長が副代表に就任、事務局の一つとして参画しております。
この企業体を中心に、登録に向けた活動、及び登録後の地域の環境保全と地域振興に向けて取り組んでおります。
課題の解決と持続的な管理体制の構築に向けて、当財団の取組概要を紹介し、今後寄与していく所存です。

 

ページTOPへ