スマートフォンサイトはこちら
  1. 沖縄県国頭村近海で採集された全長1.7mの巨大なウミヘビが、日本初記録の種であることを明らかにし、新和名を提唱した論文が掲載されました!
沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

沖縄県国頭村近海で採集された全長1.7mの巨大なウミヘビが、日本初記録の種であることを明らかにし、新和名を提唱した論文が掲載されました!

2021年3月30日、国頭村奥間にて種類が判別できない巨大なウミヘビが採集されました。外部形態の確認とミトコンドリア遺伝子の解析を行ったところ、日本初記録のHydrophis stokesiiであることが明らかとなりました。これまでの本種の北限記録は台湾南部であり、それを東北東方向に900km以上拡大しました。捕獲された個体は、全長1748mm、体重3660gであり、発達した11個の卵胞を保持していたことから、メスの成体であることがわかりました。また、胃の中には消化が進んだハリセンボンの仲間が入っていました。日本初記録である本種には和名がなかったため、葉形状の腹板(お腹の鱗)を持つことにちなみ、和名「ヨウリンウミヘビ(葉鱗海蛇)」を提唱しました。
沖縄美ら島財団では、今後も研究を続け、琉球列島の生物多様性の解明や保全に貢献していきたいと考えています。

画像

著者名

Takahide Sasai, Takumi Yamamoto, Shinichiro Oka, Mamoru Toda (太字:財団職員)

題名

Addition of the Sea Snake, Hydrophis stokesii (Squamata: E lapidae) to the Herpetofauna of Japan

雑誌名

Current Herpetology

DOI

https://doi.org/10.5358/hsj.40.190

お問い合わせ先
総合研究センター
〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川888番地
TEL:0980-48-2266   FAX:0980-48-2200

ページTOPへ