スマートフォンサイトはこちら
  1. 北海道と沖縄でのザトウクジラ同一個体の発見報告が学術誌に掲載されました。
沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

北海道と沖縄でのザトウクジラ同一個体の発見報告が学術誌に掲載されました。

ザトウクジラは、尾びれの特徴から個体を識別することが可能です。当財団では、この特徴をもとに、これまでザトウクジラがロシア、沖縄、フィリピン間を回遊していることを明らかにしてきました。今回、新たに国立大学法人北海道大学北方生物圏フィールド科学センター(北海道函館市)と共同で調査を行い、沖縄周辺と北海道周辺でザトウクジラの同一個体を発見し、学術誌に報告しました。この個体(識別番号:R-529)は、ロシア等の摂餌海域から沖縄等の繁殖海域への南下回遊の途中に、北海道釧路沖に来遊し確認されたと考えられます。未だ不明の点の多い、ザトウクジラの回遊経路を解明する上で大変貴重な発見、報告となりました。

北海道と沖縄でのザトウクジラ同一個体の発見報告が学術誌に掲載されました。

識別番号:R-529の尾びれ写真。
上:北海道釧路沖、下:沖縄慶良間諸島沖で撮影。

【R-529の照合ポイント】
1. 尾びれ上端部(ギザギザ部分)形状の一致
2. 左右両端の白い模様形状の一致
3. 右下の白い線状傷の一致

尾びれの形状や模様は、30年以上経ってもほとんど変化しないことが確認されている。

著者名

三谷曜子、小林希実岡部晴菜(太字:財団職員)

題名

ザトウクジラの南北回遊:北海道東部太平洋沿岸の個体が沖縄の識別個体と一致
The North-South migration of humpback whales: Photo-identification match of an individual from the Pacific coast of eastern Hokkaido and breeding areas in Okinawa.

雑誌名

哺乳類科学

DOI

https://doi.org/10.11238/mammalianscience.60.170

お問い合わせ先
総合研究センター
〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川888番地
TEL:0980-48-2266   FAX:0980-48-2200

ページTOPへ