スマートフォンサイトはこちら
  1. 2015年夏開校予定の美ら島自然学校前の砂浜を利用 「ウミガメから学ぶ環境学習」を実施!

プレスリリース

2015年夏開校予定の美ら島自然学校前の砂浜を利用 「ウミガメから学ぶ環境学習」を実施!

2015.07.13

※平成27年7月13日にリリースした際に、時間に誤りがありましたので、修正してご報告致します。関係する皆様にはお手数かけてしまいお詫び申し上げます。(平成27年7月14日)

一般財団法人 沖縄美ら島財団 総合研究センター(沖縄県本部町)では、地域の小学校と連携した学習活動として、年間8回程度にわたり学習を行う「ウミガメから学ぶ環境学習」を実施しています。今年度は本部町、名護市内の小学校と学習活動を行っており、今回は、美ら島自然学校前の砂浜において、ウミガメが産卵する環境について学習を行います。

ウミガメから学ぶ環境学習

2015年夏開校予定の美ら島自然学校前の砂浜を利用 「ウミガメから学ぶ環境学習」を実施!
  • 目的:ウミガメをきっかけとした学習を通して、地域の環境や生き物に対する興味関心を育む
  • 日時:2015年7月14日(火)14:10~15:50 9:20~11:30
  • 場所:美ら島自然学校(名護市嘉陽41番地)校庭前の海岸
  • 内容:・ウミガメの産卵生態について解説
       ・ウミガメの産卵場所となる砂浜環境を観察
       ・ウミガメ産卵調査体験
  • 参加者:名護市立小中一貫教育校 緑風学園の児童
  • 講師:一般財団法人 沖縄美ら島財団(財団職員 鈴木瑞穂)

備考

2015年夏開校予定の美ら島自然学校前の砂浜を利用 「ウミガメから学ぶ環境学習」を実施!

当財団は2009年に閉校した旧名護市立嘉陽小学校の跡地利用事業者として、2012年に名護市より選定されました。そこで新たな調査研究・普及啓発活動の拠点として「美ら島自然学校」の整備を進め、2015年7月に開校予定です。開校後は、学校連携による野外活動や親子向け学習会などを実施します。8月には、夏休み企画として子どもたちや家族で楽しめる企画も予定しています。

  • 名称:美ら島自然学校
  • 場所:名護市嘉陽41番地
  • 施設・設備:教室、資料室、実験室など
  • 開校予定:2015年7月21日(火)
資料ダウンロード 2015年夏開校予定の美ら島自然学校前の砂浜を利用 「ウミガメから学ぶ環境学習」を実施!

お問い合わせ先
一般財団法人 沖縄美ら島財団
経営企画課 上間・又吉
沖縄県国頭郡本部町字石川888
TEL:0980-48-3645 / FAX:0980-48-2200
電話での受付時間 10:00~17:00 月曜~金曜(祝日を除く)

ページTOPへ