スマートフォンサイトはこちら
  1. ザトウクジラの新たな繁殖海域発見に関する論文が掲載されました!
沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

ザトウクジラの新たな繁殖海域発見に関する論文が掲載されました!

西部北太平海域に分布するザトウクジラは、個体数や基礎的情報の不足から絶滅危惧種に指定されています。今回、アメリカ海洋大気庁(NOAA)、ハワイ大学、ロシア科学アカデミー極東支部太平洋地理研究所、フィリピンBALAYENA.ORG、小笠原ホエールウォッチング協会、小笠原海洋センター、沖縄美ら島財団等の研究グループは、同海域のザトウクジラについて共同で調査、研究を実施しました。その結果、マリアナ諸島周辺海域がこれまでに確認されていなかった新たな繁殖海域である可能性が明らかになりました。マリアナ諸島周辺では、ザトウクジラの繁殖期である冬期、新生児を連れたメスクジラ等が観察され、また観察個体の約30%が過去に西部北太平洋の他の繁殖海域、摂餌海域でも確認されていることがわかりました。今後、沖縄を含む西部北太平洋海域のザトウクジラの保全計画を進める上で大変重要な発見となりました。

  • ブリーチ(ジャンプ)するザトウクジラ
    ブリーチ(ジャンプ)するザトウクジラ
  • 西部北太平洋系群のザトウクジラ分布域

著者名

Marie C. Hill, Amanda L. Bradford, Debbie Steel, C. Scott Baker, Allan D. Ligon, Adam C. Ü, Jo Marie V. Acebes, Olga A. Filatova, Siri Hakala, Nozomi Kobayashi, Yukari Morimoto, Haruna Okabe, Ryosuke Okamoto, Julie Rivers, Takayuki Sato, Olga V. Titova, Robert K. Uyeyama, Erin M. Oleson (太字:財団職員)

題名

Found: a missing breeding ground for endangered western North Pacific humpback whales in the Mariana Archipelago

雑誌名

ENDANGERED SPECIES RESEARCH

DOI

https://doi.org/10.3354/esr01010

お問い合わせ先
総合研究センター
〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川888番地
TEL:0980-48-2266   FAX:0980-48-2200

ページTOPへ