スマートフォンサイトはこちら
沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

研究スタッフ紹介

岡部 晴菜

岡部 晴菜 (おかべ はるな)

専門分野 鯨類生態学
研究内容
  • 鯨類の目視調査・ストランディング調査
  • 動物標本の作製・管理

経歴

  • 2002年:福岡コミュニケーションアート専門学校 卒業
  • 2004年~2006年:小笠原海洋センター ボランティアスタッフとして活動
  • 2006年:(財)海洋博覧会記念公園管理財団(現:沖縄美ら島財団) 勤務
  • 2014年:(一財)沖縄美ら島財団総合研究センター 現職

論文・レポート・報告書

  • 河津 勲・岡部晴菜. 2014. 沖縄島西海域におけるアカウミガメの交尾期. うみがめニュースレター 100:2-7.
  • Nakashima T, Kobayashi N, Yamada H, Katsumata T, Yoshida R, Kato H, Okabe H, Kawazu I, Yanase Y, Omine M, Terada M, Sugioka H, Kyo M. 2015. Repellence Effect of the New Sound for Underwater Speaker of Hydrofoil. TransNav, the International Journal on Marine Navigation and Safety of Sea Transportation 9: 207–211.
  • Kobayashi N, Okabe H, Kawazu I, Higashi N, Miyahara H, Kato H, Uchida S. 2016. Peak Mating and Breeding Period of the Humpback Whale (Megaptera novaeangliae) in Okinawa Island, Japan. Open Journal of Animal Sciences, 6: 169-179.
  • Kobayashi N, Okabe H, Kawazu I, Higashi N, Miyahara H, Kato H, Uchida S. 2016. Spatial distribution and habitat use patterns of humpback whales in Okinawa, Japan. Mammal Study 41(4): 207–214.
  • Funasaka N, Okabe H, Oki K, Tokutake K, Kawazu I, & Yoshioka M. 2016. The occurrence and individual identification study of Indo-Pacific bottlenose dolphins Tursiops aduncus in the waters around Amami Oshima Island, southern Japan: A preliminary report. Mammal Study 41(3): 163-169.
  • Kobayashi N, Okabe H, Kawazu I, Higashi N, Kato K, Miyahara H, Nakamura G, Kato H and Uchida S. 2017. Distribution and Local Movement of Humpback Whales in Okinawan Waters Depend on Sex and Reproductive Status. ZOOLOGICAL SCIENCE 34: 58–63.
  • Kawazu I, Okabe H, and Kobayashi N. 2017. Direct Observation of Mating Behavior Involving One Female and Two Male Loggerhead Turtles in the Wild. Current Herpetology 36 (1): 69-72.

学会

  • 日本哺乳類学会

業務実績

年報

平成25年度

調査研究編

1亜熱帯性動物に関する事業について

普及啓発編

平成26年度

調査研究編

平成27年度

調査研究編

平成28年度

調査研究編

ページTOPへ