スマートフォンサイトはこちら

ホーム総合研究センター海洋生物の調査研究研究活動報告 > ヤシガニの定住性に関する論文が掲載されました

沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

ヤシガニの定住性に関する論文が掲載されました

総合研究センターでは、2006年より分布の北限にある海洋博公園内のヤシガニ個体群のモニタリング調査を行っています。本調査では、一連の調査で開発した甲殻の紋様による個体識別技術を用いることにより、大半の個体が数年経過しても200mも移動していないことがわかりました。このことから、本種が強い定住性を長期間維持することが明らかとなり、絶滅危惧種であるヤシガニの保全には、保護区の設定が有効であることがわかりました。

ヤシガニの定住性に関する論文が掲載されました
海洋博公園で確認されたヤシガニ

著者名

Shin-ichiro Oka, Kei Miyamoto, Shohei Matsuzaki (太字:財団職員)

題名

Long-term sedentary behavior of coconut crab in their northernmost range

雑誌名

International Journal of Pure and Applied Zoology

 

ページTOPへ