スマートフォンサイトはこちら

ホーム総合研究センター海洋生物の調査研究研究活動報告 > ウミガメの産卵誘起に関する論文が掲載されました

沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

ウミガメの産卵誘起に関する論文が掲載されました

FSH(卵胞刺激ホルモン)投与によって人工的に無精卵※を形成したタイマイにオキシトシンを投与することによって、産卵が誘起(強制産卵)されることが明らかとなりました。この技術は希少種であるタイマイの人工授精技術の向上に寄与することが期待できます。

ウミガメの産卵誘起に関する論文が掲載されました

著者名

Isao Kawazu, Masakatsu Kino, Konomi Maeda, Yasuhiro Yamaguchi and Yutaka Sawamukai
(太字:財団職員)

題名

Induction of Oviposition by the Administration of Oxytocin in Hawksbill Turtles

雑誌名

Zoological Science, 31(12):831-835. 2014.

DOI

http://dx.doi.org/10.2108/zs140032

(※)Kawazu I, Suzuki M, Maeda K, Kino M, Koyago M, Moriyoshi M, et al. 2014. Ovulation induction with follicle-stimulating hormone administration in hawksbill turtles Eretmochelys imbricata. Current Herpetology 33: 88–93.

お問い合わせ お気軽にご連絡ください。
TEL:0980-48-2266 FAX:0980-48-2200

ページTOPへ