スマートフォンサイトはこちら

ホーム総合研究センター海洋生物の調査研究研究活動報告 > ツノザメ胎仔の呼吸機構に関する論文が掲載されました

沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

ツノザメ胎仔の呼吸機構に関する論文が掲載されました

私たち哺乳類の胎仔は胎盤やヘソの緒を通じて母胎から酸素をもらっています。一方、胎生のツノザメはそれらの器官を形成せず、母胎から直接酸素を受け取ることができません。そのため、ツノザメの胎仔は子宮壁から子宮内の液体に溶け込んだ酸素を用いて呼吸をしていると考えられてきました。
今回、ツノザメ類の子宮のエコー検査と物理モデルの計算結果から、ツノザメ類胎仔の酸素の主要な供給源は子宮壁ではなく、子宮に外界から取り入れた海水である可能性が示唆されました。本研究はサメ・エイ類の胎生の仕組みに関して新たな仮説を提起するものです。

ツノザメ胎仔の呼吸機構に関する論文が掲載されました

著者名

Taketeru Tomita, Charles F. Cotton, Minoru Toda
(太字:財団職員)

題名

Ultrasound and physical models shed light on the respiratory system of embryonic dogfishes

雑誌名

Zoology

DOI

http://dx.doi.org/10.1016/j.zool.2015.09.002

お問い合わせ お気軽にご連絡ください。
TEL:0980-48-2266 FAX:0980-48-2200

ページTOPへ