スマートフォンサイトはこちら

ホーム財団の主要事業 > 亜熱帯性植物に関する事業

亜熱帯性植物に関する事業

沖縄の植物を「守る」「育む」
私たちは、沖縄の植物のエキスパートです
総合研究センターを拠点とした調査研究や技術開発、普及啓発活動、大規模公園や植物園の管理運営など、亜熱帯性植物に関する事業を展開しています。

調査研究・技術開発

研究風景

亜熱帯性植物に関する調査研究、技術開発、調査受託、公園機能向上に関すること等を行っています。

  • ラン類、熱帯果樹花木、観葉植物など有用植物の導入・肥培管理等の調査研究
  • 沖縄在来植物の保全、活用などに関する調査研究
  • 壁面緑化等の環境緑化に関する調査研究 ほか

普及啓発

子どもたちへの環境教育の風景

子どもたちへの環境教育や、一般の方々を対象とした亜熱帯性植物に関する知識の普及啓発、専門家を対象とした講演・講習会等を実施しています。

  • 教育プログラム(美ら島自然教室、こども工作室)の開催
  • 亜熱帯性植物に関する講習会、講演会、技術発表会、展示会等の開催
  • 地域緑化への協力推進を目的とした「花・緑コーディネーター」の育成 ほか

施設の管理・運営

熱帯ドリームセンターの施設内写真

亜熱帯性植物に関する高い専門性と、お客様の満足を第一に考えた運営ノウハウを活かし、施設の魅力を最大限に引き出す管理運営を行っています。

  • 熱帯ドリームセンター(海洋博公園内)
  • 熱帯・亜熱帯都市緑化植物園(海洋博公園内)
  • 国営沖縄記念公園(海洋博公園、首里城公園)
  • なごアグリパーク(農産物6次産業化支援施設)

主な実績

  • リュウキュウベンケイから作出した新園芸品種「ちゅらら」の開発
  • モントリオール・モザイカルチャー世界博2013において「Gold Medal 3D」を受賞
  • 「キバナノヒメユリの生息域外保全モデル事業」ほか希少植物調査を受託
  • 第11回アジア太平洋蘭会議・蘭展 沖縄大会(APOC11)を主催
  • 新園芸品種「ちゅらら」

    新園芸品種「ちゅらら」

  • 「Gold Medal 3D」受賞作品

    「Gold Medal 3D」受賞作品

  • キバナノヒメユリ

    キバナノヒメユリ

  • APOC11

    APOC11

沖縄の植物に関わる活動を幅広くサポート

沖縄の植物に関することは、私たちにご相談ください。豊富な知識とノウハウを持ったスタッフが対応いたします。

植物管理・栽培・培養技術の提供

植物管理・栽培・培養技術の提供

亜熱帯性植物の導入・肥培管理や栽培技術、新品種の開発、壁面緑化、大量増殖などについて、技術提供やアドバイスを行います。

受託調査

受託調査

ラン類をはじめ、熱帯果樹花木、観葉植物、沖縄在来植物等に関する調査研究を承ります。屋上や壁面緑化といった環境緑化に関する調査も行います。

各種イベントの実施

イベントの風景

体験型の自然教室や、植物を使った工作教室などのイベントを実施します。楽しく、分かりやすいプログラムを多彩にご用意しています。

専門技術者の派遣

専門技術者の派遣

経験豊富な専門技術者を派遣し、技術提供や技術指導を行います。また、専門家向けの講習会や、学校での特別授業への派遣も承ります。

標本や資料の貸し出し

標本や資料

世界の種子標本や植物由来の繊維類、植物素材の民具類など、当財団が所有する豊富な標本や資料の貸し出しを行っています。

ページTOPへ