スマートフォンサイトはこちら
  1. 本部町で採集された国内初記録のベラ 本部の夕景にちなみ和名『ユウモドロベラ』を提唱

プレスリリース

本部町で採集された国内初記録のベラ 本部の夕景にちなみ和名『ユウモドロベラ』を提唱

2015.07.30

一般財団法人 沖縄美ら島財団(沖縄県本部町)の宮本 圭らの研究グループは、本部町瀬底島近海で採集された魚類が国内初記録となるベラの1種Choerodon margaritiferusであることを明らかにしました。同時に、本種が夕焼けを連想させる赤味がかった色彩を持つことから、本部町の夕日を形容した言葉「ゆうもどろの花」に因み、和名「ユウモドロベラ」を提唱しました。本研究の論文は分類学の学術雑誌「Zootaxa」に掲載予定です。

発表雑誌

雑誌名

  • Zootaxa

論文名

  • Northernmost record of a poorly known tuskfish, Choerodon margaritiferus (Perciformes: Labridae), from southern Japan, and first description of a female

著者名

  • (一財)沖縄美ら島財団 総合研究センター 契約職員 宮本 圭
  • スミソニアン博物館 国立自然史博物館 研究員 野中 愛
  • (一財)沖縄美ら島財団 総合研究センター 技師 岡 慎一郎

掲載日

  • 未定

ポイント

  • 本部町瀬底島近海から採集された魚が、国内初記録となるベラの1種Choerodon margaritiferusであることが判明。
  • 本種はこれまでオスしか知られておらず、メスの形態的特徴については今回初めて明らかとなった。
  • 夕焼けを連想させる体色から、本部町の夕日を形容した言葉「ゆうもどろの花」に因み、和名「ユウモドロベラ」を提唱した。
  • 本研究は、当財団が推進する亜熱帯動植物の生物多様性に関する調査の一環として行った。
ユウモドロベラのオス

ユウモドロベラのオス

ユウモドロベラのメス

ユウモドロベラのメス

代表研究者プロフィール

宮本 圭(みやもと けい)
2009年宮崎大学農学研究課水産科学講座修了。2011年(財)海洋博覧会記念公園管理財団(現在は一般財団法人 沖縄美ら島財団に名称変更)採用。専門は魚類分類学。

資料ダウンロード 本部町で採集された国内初記録のベラ 本部の夕景にちなみ和名『ユウモドロベラ』を提唱
お問い合わせ先
一般財団法人 沖縄美ら島財団
経営企画課 上間・又吉
沖縄県国頭郡本部町字石川888
TEL:0980-48-3649   FAX:0980-48-2200
電話での受付時間 10:00~17:00 月曜~金曜(祝日を除く)

ページTOPへ