スマートフォンサイトはこちら
  1. アジアで初の公式記録 幻の巨大ザメ「メガマウス」の化石を沖縄で発見

プレスリリース

アジアで初の公式記録 幻の巨大ザメ「メガマウス」の化石を沖縄で発見

2015.01.21

一般財団法人 沖縄美ら島財団(沖縄県本部町)で研究を行っている冨田武照らの研究グループは、沖縄県の新生代新第三紀の地層からメガマウスザメの歯の化石を発見しました。この発見は、アジア地域で初めての、メガマウスザメ化石の公式記録です。本研究の論文は、日本古生物学会の英文学術雑誌『Paleontological Research』に掲載予定です。


発表雑誌

雑誌名:Paleontological Research
論文名:The first Cenozoic record of a fossil megamouth shark (Lamniformes, Megachasmidae) from Asia
著者名:北海道大学 総合博物館研究員 冨田武照
    ※1月21日現在、(一財)沖縄美ら島財団 総合研究センターに在籍
    (一財)沖縄美ら島財団 水族館事業部 魚類チーム 横山季代子
掲載日:未定

発見された化石

発見された化石

ポイント

  1. メガマウスザメの歯の化石が、沖縄県の新生代新第三紀の地層から発見された。
  2. 今回の発見は、アジア地域で初めての、メガマウスザメ化石の公式記録である。
  3. この発見により、新生代後期にはメガマウスザメが全世界的に分布していたことが明らかになった。
  4. 発見された化石をより古い時代の化石と比較したところ、現生のメガマウスザメに近い特徴を持っていた。化石の形の変遷を追うことで、メガマウスザメの進化の歴史の解明につながる。

要旨は別添資料を参照ください。

冨田武照(海洋博公園・美ら海プラザのメガマウス標本前にて)
冨田武照(海洋博公園・美ら海プラザのメガマウス標本前にて)

資料ダウンロード アジアで初の公式記録 幻の巨大ザメ「メガマウス」の化石を沖縄で発見

お問い合わせ先
一般財団法人 沖縄美ら島財団
経営企画課 木下・高那
沖縄県国頭郡本部町字石川888
TEL:0980-48-3645   FAX:0980-48-2200

ページTOPへ