スマートフォンサイトはこちら

ホーム総合研究センター > 亜熱帯性植物の調査研究

沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

亜熱帯性植物の調査研究

亜熱帯植物の調査研究

亜熱帯性植物に関する調査研究、技術開発、調査受託、公園機能向上に関すること等を行っています。
特に、ラン類や希少植物の保護・育成、環境緑化等の環境問題への対応、在来植物の利用開発や熱帯果樹等の有用植物の肥培管理技術、組織培養を用いた大量増殖技術の開発等を行っています。

沖縄在来植物の保全、活用などに関する調査研究

沖縄在来植物の保全、活用などに関する調査研究

キバナノヒメユリ、オキナワセッコク等の絶滅危惧植物を中心に、自生地調査や保全活動並びに育成方法の確立、増殖技術の開発等を行っています。

ラン類、熱帯果樹花木、観葉植物等有用植物の導入・肥培管理等の調査研究

ラン類、熱帯果樹花木、観葉植物等の有用植物の導入・肥培管理等の調査研究

有用植物の導入を図るとともに、ドリアン、マンゴスチン、マンゴー等の熱帯果樹や、ブーゲンビレア、ゴールデンシャワー等の熱帯花木の大型コンテナ栽培による肥培管理等の技術開発を行っています。

壁面緑化等の環境緑化に関する調査研究

壁面緑化等の環境緑化に関する調査研究

壁面(格子)でのつる性植物の生育調査や粗放管理条件下での屋上植物栽培調査等を行い、沖縄の生育環境に適した壁面緑化、屋上緑化植物等の選出を行っています。

芝生、地被、草花等の利用開発に関する調査研究

芝生、地被、草花等の利用開発に関する調査研究

草花等を用いた装飾技術は平面的な物から立体的な物へ、また、露地から壁面・屋上等へと変化してきています。立体的なモザイカルチャーや壁面での草花装飾技術の開発や植物材料の調査を行っています。

沖縄在来植物の利用開発に関する調査研究

沖縄在来植物の利用開発に関する調査研究

沖縄に自生するリュウキュウベンケイ、コウトウシュウカイドウ等の絶滅危惧植物を交配親とした新園芸品種作出に関する調査研究を行っています。

ハーブ類や沖縄の島野菜等に関する調査研究

ハーブ類や沖縄の島野菜等に関する調査研究

沖縄の島野菜や薬草類及び亜熱帯地域で生育可能なハーブ類を収集・導入し、それらの栽培試験及び栽培技術の確立、また、有望な未導入種については、地域への普及を図ります。

ラン、観葉植物等の大量増殖に関する調査研究

ラン、観葉植物等の大量増殖に関する調査研究

沖縄県内に自生する野生ラン等の無菌播種による増殖、デンファレやバンダ等のラン類、ドラセナやコルディリネ等の観葉植物の組織培養を活用した大量増殖技術を開発しています。

 

ページTOPへ