スマートフォンサイトはこちら

ホームプレスリリース > 母ザメが子宮の中でミルクを与える? 魚類最強のハンター ホホジロザメの不思議な繁殖方法を解明!

プレスリリース

母ザメが子宮の中でミルクを与える? 魚類最強のハンター ホホジロザメの不思議な繁殖方法を解明!

2016.09.16

ホホジロザメは世界の熱帯から寒冷域に生息する大型のサメで、最大で全長は6mに達します。映画ジョーズでも知られる有名なサメですが、その繁殖生態は謎に包まれています。現在知られているのは、繁殖様式は胎生で、胎仔は母親の子宮内で供給される無精卵のカプセルである栄養卵を捕食し、胎内で全長約1.2-1.5m、体重20-30kgに成長することです。しかし、妊娠したホホジロザメの研究例は少なく、科学的な知見を得ることは非常に難しいと言えます。
一般財団法人 沖縄美ら島財団(沖縄県本部町)の研究者らは、沖縄県内の漁協の協力のもと、定置網等で混獲された標本を詳細に調べた結果、ホホジロザメが極めて特異な繁殖方法を持つことを明らかにしました。本研究は、生体観察が極めて難しいサメの知られざる生態を明らかにした、世界的にも非常に貴重な報告です。
本研究の成果は、9月15日22時 アメリカ東部時間(日本時間16日午前11時)に英国のオンライン学術誌「Biology Open」で公開されます。

発表雑誌

雑誌名

  • Biology Open

論文名

  • How great white sharks nourish their embryos to a large size: evidence of lipid histotrophy in lamnoid shark reproduction
    (邦訳:ホホジロザメは如何にして大きな胎仔を育てるか:ネズミザメ類における脂質分泌型の繁殖を証明)

著者名

  • 佐藤圭一、中村將、冨田武照、戸田実、宮本圭、野津了(所属:一般財団法人 沖縄美ら島財団)以上6名

掲載日

  • 2016年9月15日22時 アメリカ東部時間(日本時間16日午前11時)

ポイント

  • 沖縄県内の漁協の協力により、混獲され死亡したホホジロザメの貴重な妊娠個体を調査した。
  • これまで、ホホジロザメの胎仔は、子宮内で無精卵を食べる“卵食”を行うことが知られていた。
  • 本研究により、母ザメは妊娠初期に子宮内で脂質を多く含む液体(子宮ミルク)を分泌し、胎仔はミルクを飲んで成長、子宮内で70-80cmに成長した後、従来知られていた卵食に移行することが判明した。
  • 妊娠過程で子宮内の微細構造が劇的に変化し、初期は栄養分泌、後期は酸素供給の機能に特化することが解明された。
母ザメが子宮の中でミルクを与える? 魚類最強のハンター ホホジロザメの不思議な繁殖方法を解明!
上図:全長5mの妊娠したホホジロザメ標本(沖縄県内で混獲された個体)
資料ダウンロード 母ザメが子宮の中でミルクを与える? 魚類最強のハンター ホホジロザメの不思議な繁殖方法を解明!

お問い合わせ先
一般財団法人 沖縄美ら島財団
広報IT課 上間・又吉
沖縄県国頭郡本部町字石川888
TEL:0980-48-3649 / FAX:0980-48-2200
電話での受付時間 10:00~17:00 月曜~金曜(祝日を除く)

ページTOPへ