スマートフォンサイトはこちら

ホームプレスリリース > 狙った獲物は逃さない!超速で飛び出す“あご” 悪魔の異名を持つ深海ザメ「ミツクリザメ」の驚きの捕食行動を解明!

プレスリリース

狙った獲物は逃さない!超速で飛び出す“あご” 悪魔の異名を持つ深海ザメ「ミツクリザメ」の驚きの捕食行動を解明!

2016.06.15

ミツクリザメは300-1000mの深海に生息する3mにもなる大型のサメで、歯がむき出しになった恐ろしげな顔から、欧米では「goblin shark(悪魔のサメ)」として知られてきました。しかし、自然界で生きている姿は映像として捉えられたことはなく、その生態は謎に包まれてきました。
一般財団法人 沖縄美ら島財団(沖縄県本部町)の研究者らは、日本放送協会(NHK)が世界で初めて撮影に成功したミツクリザメの捕食映像を科学的に解析し、その驚きの捕食行動のしくみを明らかにしました。この研究は、生体観察が極めて難しい深海生物の捕食行動をとらえた、世界的にも非常に貴重な報告です。
本研究の成果は、Nature Publishing Groupのオンライン学術誌「Scientific Reports」に掲載されました。

発表雑誌

雑誌名

  • Scientific Reports

論文名

  • Slingshot biting of the goblin shark Mitsukurina owstoni (Pisces: Lamniformes: Mitsukurinidae)
    (邦訳:射出される顎:ミツクリザメの噛み付き行動)

著者名

  • 仲谷一宏1、冨田武照1、須田健太2、佐藤圭一1、荻本啓介3、Anthony Chappell、
    佐藤稔彦4、高野克彦4、結城仁夫4
    (右上の数字:1一般財団法人 沖縄美ら島財団、2岡部株式会社、3下関市立しものせき水族館、4NHK)以上9名

掲載日

  • 2016年6月10日

ポイント

  • ミツクリザメの捕食シーンを撮影した世界初の映像を科学的に解析した。
  • 捕食時、ミツクリザメの顎は秒速3.14mで前方に飛び出し、獲物に噛み付く。このときに顎が突出する速度は、現時点で魚類の中で最速である。
  • ミツクリザメは遊泳速度の遅いサメであり、素早く突出する顎は餌生物の少ない深海で獲物を確実にとらえるための適応と考えられる。
ミツクリザメが顎を突出する前(上)と突出した後(下)の状態
ミツクリザメが顎を突出する前(上)と突出した後(下)の状態
資料ダウンロード 狙った獲物は逃さない!超速で飛び出す“あご” 悪魔の異名を持つ深海ザメ「ミツクリザメ」の驚きの捕食行動を解明!

お問い合わせ先
一般財団法人 沖縄美ら島財団
広報IT課 上間・又吉
沖縄県国頭郡本部町字石川888
TEL:0980-48-3649   FAX:0980-48-2200
電話での受付時間 10:00~17:00 月曜~金曜(祝日を除く)

ページTOPへ