スマートフォンサイトはこちら

ホームプレスリリース > Pre-Asia Pacific Orchid Conference (PRE-APOC)2017 KUCHING Most Artistic Display賞を受賞

プレスリリース

Pre-Asia Pacific Orchid Conference (PRE-APOC)2017 KUCHING Most Artistic Display賞を受賞

2017.08.25

一般財団法人 沖縄美ら島財団(沖縄県本部町)は、マレーシア国サラワク州の州都クチンで開催中の「Pre-Asia Pacific Orchid Conference (PRE-APOC)2017 KUCHING」のディスプレイ部門へ出展し、8月24日の表彰式でMost Artistic Display賞を受賞しました。

ポイント

  • 「Pre-Asia Pacific Orchid Conference (PRE-APOC)2017 KUCHING」(8/23-27)は、2019年にクチン市で開催予定の「第13回アジア太平洋蘭会議(APOC13)」のプレ大会で、世界25の国と地域が参加している。
  • ディスプレイ部門には22作品が出展され、専門家による厳正な審査の結果、当財団の出展作品はディスプレイのデザイン性と技術力が高く評価され、受賞に結び付いた。
  • デザインは、枯山水の技法で描いたアジア太平洋地域の地図に、この地域を代表するランの花を用いてサクラを開花させ、サクラがアジアをつなぐ友好の輪を表現した。
  • 作品制作は資材を搬入して現地で行われ、当財団から常務理事 後藤和夫、植物管理チームリーダー 仲間敏剛、植物研究員 佐藤裕之、主任 狩俣孝浩、植物研究室職員 秦得珉(チンテーミン)、沖縄熱帯植物管理株式会社(本部町)の山城誠が共同で行った。

海洋博公園熱帯ドリームセンターでは、2018年2月に「沖縄国際洋蘭博覧会2018」を開催予定です。世界各地からランの新品種や様々な展示部門のコンテストが行われ、多くのお客様に楽しんでいただくとともに、ラン関係者には情報や技術交流の場となります。
花のあふれる沖縄の観光地づくりに貢献できる国際洋蘭博覧会となるよう、当財団では開催準備を進めております。

Pre-Asia Pacific Orchid Conference (PRE-APOC)2017 KUCHING

期間

2017年8月23日〜8月27日(審査会:2017年8月23日 表彰式:8月24日)

主催

マレーシア国サラワク州クチン市 参加国数:25カ国

開催場所

マレーシア クチン サラワク州立図書館

出展作品


タイトル:「桜が繋ぐ友好の輪」

桜は日本人にとって特別な花です。
古くは農業の神様が居るところと信じられ、花咲く頃に神様へ食べ物やお酒をご馳走することでその年の豊作を祈願しました。
その風習が形を変え、「お花見」という文化に発展しました。お花見では桜の樹の下で様々な人が飲食を共にしつつ、友好を深めていきます。異なる世代、異なる性別、異なる地域の人々が桜の木の下で繋がっていくのです。
現在、桜は友好のシンボルとして日本から世界各地に植えられており、その輪はどんどん広がっています。
今回は桜が繋ぐ友好の輪を、アジア太平洋地域を代表するランの花を使って表現しました。

資料ダウンロード Pre-Asia Pacific Orchid Conference (PRE-APOC)2017 KUCHING Most Artistic Display賞を受賞
お問合せ
(一財)沖縄美ら島財団
広報IT課 菅間・又吉
TEL:0980-48-3649 / FAX:0980-48-3122

 

ページTOPへ