スマートフォンサイトはこちら
  1. 謎に包まれた深海生物ダイオウイカを捕獲

プレスリリース

謎に包まれた深海生物ダイオウイカを捕獲

2014.04.24

一般財団法人 沖縄美ら島財団(本部町)は、沖縄県の北大東島沖で捕獲されたダイオウイカの標本調査を4月25日に行います。

ダイオウイカは、4月20日に知念漁協がソデイカ漁の作業中に偶然捕獲したものです。捕獲したダイオウイカは既に死んでいます。当財団は、このダイオウイカが水揚げされる4月24日に標本を譲り受け、謎の多い生態の研究に生かすほか、管理運営している沖縄美ら海水族館での活用を検討します。

ダイオウイカは、世界中の深海域に生息するイカで、地球上で最大の無脊椎動物です。人の手の届かない深海に生息するため研究が難しく、詳しい生態はほとんど分かっていません。
これまで国内での発見例は数十例と少なかったのですが、2014年に入って日本海沿岸を中心に相次いで発見されています。捕獲されたダイオウイカの調査を当財団が行うのは、1994年以来3例目です。1例目のダイオウイカの標本は、沖縄美ら海水族館の深海コーナーに展示されています。

標本調査について

日時:平成26年4月25日(金)13:30~14:30
場所:沖縄美ら島財団 総合研究センター(沖縄県国頭郡本部町字石川888番地)
内容:個体の計測と部分標本の採取・写真撮影後、全身を標本として保管します。
※ご取材いただける場合は下記担当までご連絡をお願いいたします。

捕獲されたダイオウイカ画像
捕獲されたダイオウイカ。腕や触腕が折りたたまれた状態で冷凍保存されています。
25日の標本調査は解凍された状態で行います。
資料ダウンロード 謎に包まれた深海生物ダイオウイカを捕獲
お問い合わせ先
一般財団法人 沖縄美ら島財団
木下・細沼
沖縄県国頭郡本部町字石川888
TEL:0980-48-3645   FAX:0980-48-2200

ページTOPへ