スマートフォンサイトはこちら
  1. 3)やんばる環境学習
沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

普及啓発の取り組み

3)やんばる環境学習

鈴木瑞穂*1・前田好美*1・岡 慎一郎*2

1. はじめに

学校教育と連携した普及啓発事業の確立は、そこに通う児童生徒の環境保全意識の向上を図る上で重要な要素の一つである。当センターでは、沖縄県内の児童生徒の地域環境への興味関心や環境保全への意識向上を図るため、平成26年度よりやんばる環境学習を展開している。
本事業では、県内北部地域の小学校や教育委員会等と連携し年に3回以上の学習を継続する「通年学習プログラム」および1~2回完結型の「短期学習プログラム(出前授業)」を、県内各地の学校を対象に展開した。

2.実施結果

1)通年学習プログラム

名護市内4校において通年学習を展開した。実施については主に総合的学習の時間を利用して行い、地域の水生生物や沖縄の自然について、当センター職員による解説や野外活動等を通した学習を行った。

(1)ウミガメから学ぶ環境学習

ア)名護市立小中一貫教育校 緑風学園
平成26年度に連携を開始した緑風学園では、3年生から7年生(中学1年)までの5学年を対象とした複数学年にわたる学習体制が整いつつある。学習は平成30年5月~平成31月2月にかけて行い、実施場所は緑風学園内施設、美ら島自然学校、学区内の河川や海岸等(写真-1)であった。3年生での「ウミガメから学ぶ環境学習」をきっかけとし、4年で「川の生き物と環境」、5年「地域の食」、6年「イノーの生き物」、7年「地域の調査」と変化し、地域の環境や文化を網羅した学習を実施した。実施にあたり、学校教員、地域自治体や住民、近隣のNPO等と連携した。加えて、今年度より学校内に地域コーディネーターが配置されたことから、情報共有や協力体制が整い、更なる事業展開の可能性が認められた。平成31年3月にはまとめ発表会を開催し、学習の成果を保護者に向けて発表した他、3年生は本部町の児童とともに合同発表会を開催し、ウミガメ飼育の成果を発表した(写真-2)。

  • 写真-1地域イノーでの生き物調査(7年生)
    写真-1地域イノーでの生き物調査(7年生)
  • 写真-2 発表会の様子(5、6年生)
    写真-2 発表会の様子(5、6年生)

イ)名護市立名護小学校
名護市立稲田小学校
昨年度に引き続き、3年生を対象に「イノーの生き物とウミガメ」をテーマにした学習を行った。両校ともに1学期はイノーの生き物を題材とした学習を行った後、本部町備瀬区にてイノー観察会を行った(写真-3)。2学期はウミガメを題材に学習を行い、「ウミガメの生態や形態」「ウミガメをとりまく環境」について講義した他、ウミガメ生体を用いて形態観察を行った。

  • 写真-3 イノー観察会の様子(本部町備瀬区)
    写真-3 イノー観察会の様子(本部町備瀬区)
  • 写真-4 子ガメの形態観察の様子
    写真-4 子ガメの形態観察の様子

ウ)名護市立久辺小学校
今年度、新たな実施校として対応を開始した。久辺小学校の実践では国語科の教材と絡めた学習を意識し、「ウミガメの生態」「産卵・ふ化」「仔ガメ飼育体験」を通して、ウミガメと周辺環境への理解を深める学習を全5回行った。また、海洋博公園での遠足実施に際しウミガメ館での学習ツアーを企画することで、事前学習としての要素を強めるとともに、学習要素の高い野外活動の実現に努めた。学習のまとめはウミガメの保全に関わる議論を行い、児童間での意見交換と集約を試みた。

(2)川の生き物教室

平成25年度より名護市立真喜屋小学校と連携して河川の環境学習を行っている。平成30年度も引き続き、小学校4年生を対象に年○回の学習会を行った。当センターから淡水魚に詳しい職員を講師として派遣し「沖縄の河川生態系について(概説)」、「地元のリュウキュウアユについて」、「川で安全に遊ぶ方法について」の計3回にわたり授業を行った。その後、8月には野外学習として源河川での観察会を行った。また、国頭村立安波小学校全校生徒を対象に同様の授業を実施し、事前学習1回、現地での川の生き物観察会を2回行った。

2)短期学習プログラム(出前授業)

地域の環境や動植物に対する興味関心を引き出すことを目的に、1~2回完結型の短期学習プログラムを、県内の小中学校および高等学校を対象に実施した。実施については、総合的学習の時間の他、国語や理科、社会の単元授業と関連づけた内容で構成した。
平成30年度は県内小中学校・高等学校から22件の依頼を受け実施した。学習テーマは「ウミガメ」「有孔虫」「漂着物」等で、総合研究センター職員を講師として派遣した。

  • 写真-5 出前授業(本部町立上本部中学校)
    写真-5 出前授業(本部町立上本部中学校)

3.成果の公表

確定したものから順次テキスト化を開始した。
子どもむけ教材として小冊子を製作したほか、学校現場での学習の補助教材として、教員の利用を目的とした教材セットやテキストを企画、準備を進めている。完成後はHP等での公表により、広く利用に供する予定である。

4.外部評価委員会コメント

この分野の取り組みとしては、質、量ともに高く評価できる。ウミガメは教育の題材として利用しやすいことは確かであるが、もっと別の生物や生態系を切り口にした活動も開発してもらいたい、(亀崎顧問:岡山理科大学 教授)。

 

*1普及開発課 *2動物研究室

ページTOPへ