スマートフォンサイトはこちら

ホーム総合研究センター平成27年度 事業年報 > 6)環境保全活動支援エコクーポン事業の実施結果

沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

普及啓発の取り組み

6)環境保全活動支援エコクーポン事業の実施結果

宮城幸織*1・鈴木瑞穂*1

1.はじめに

当財団では、自然環境保全、環境問題への対応、地域連携強化を積極的に実施し、公益法人としての更なる社会貢献を果たすことを目的とした事業展開を行っている。その一つが、地域連携事業として行っている「環境保全活動支援 エコクーポン事業」であり、平成20年度より継続実施している。本事業の主たる業務内容は、沖縄本島北部地域及び周辺離島において「希少動植物の保護」「海岸清掃」「赤土流出抑制」に関する実践的活動などを2時間以上実施した団体に対し、活動参加者1名当たり1枚のエコクーポン(沖縄美ら海水族館入館チケット引換券/有効期限1年)を発行するものである。

2.支援対象となる団体

沖縄本島北部地域及び周辺離島に「活動の本拠地」を有し、環境保全活動を行っている特定非営利活動法人、法人格を持たない任意団体又は非営利の民間団体とした。営利活動、政治活動又は宗教的宣伝活動を主たる目的としている団体及び公共の福祉に反した活動を行う団体等については、支援対象としていない。

3.支援実績

1)平成27年度支援実績

今年度は9団体10件の申請にエコクーポンの提供(発行枚数は760枚)を行った。活動内容は4市町村(名護市、金武町、大宜味村、東村)における海岸清掃や赤土流出対策のための植物の植栽・育樹活動であった。

2)活動実績の一例

事例1

支援団体名:天仁屋区子ども会・成人会
支援活動名:天仁屋区子ども会・成人会海岸清掃
活動場所:名護市天仁屋区海岸
活動日時:平成27年8月2日 15:00~18:00
参加者数:29名

活動概要:
天仁屋区海岸の現状を確認し、ゴミが環境や生物に与える影響についてレクチャーを受けた後、ゴミの収集を行った。燃えるゴミ、プラスチック、ペットボトル、ゴム類等のゴミを45Lゴミ袋計15袋分回収した。活動団体へのアンケートから、青少年育成にも効果的な為、継続して利用したいといった意見が聞かれた。

事例2

支援団体名:沖縄県立辺土名高校
支援活動名:赤土等流出防止対策グリーンベルト植栽活動
活動場所:大宜味村白浜地区サトウキビ農地周り
活動日時:平成27年10月13日 13:30~15:30
     平成27年10月19日 13:30~15:30
参加者数:60名

活動概要:
地域での赤土流出が課題となっているサトウキビ等の農地において、耕土流出防止を目的にその対策の一つであるグリーンベルト植栽活動を行った。活動は地域の環境について学習している沖縄県辺土名高校環境科1年生~2年生と地域農家、WWFジャパンプロジェクト、一般ボランティア等との協働で実施した。植栽束数はベチバー計6,320束で、サトウキビ農地周り約790mに植栽を行った。申請団体からは、地域と連携した環境保全へ向けた人財育成の取り組みとして実施することができた、という報告を受けた。

表-1 平成27年度 環境保全活動支援エコクーポン事業 実績



*1 普及開発課

ページTOPへ