スマートフォンサイトはこちら
沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

亜熱帯性植物の調査研究

研究スタッフ紹介

赤井 賢成

赤井 賢成 (あかい けんせい)

専門分野 保全生物学、植物系統分類学、植物地理学、種生物学、
雑草科学、資源植物学、環境教育、空間情報科学
研究内容 絶滅危惧植物の保全
雑草類(キク科トキンソウ属等)の植物系統分類学、
植物地理学、生態学的研究
極東、メラネシアの植物インベントリー調査
有用植物資源探査
パラタクソノミスト養成
農業リモートセンシング

経歴

  • 1993年:信州大学農学部林学科 卒業
  • 2004年:福井市自然史博物館 勤務
  • 2007年:福井県土地改良事業団体連合会農村環境研究所 勤務
  • 2011年:福井県立大学大学院生物資源学研究科博士課程後期 単位取得退学
  • 2011年:福井県立大学生物資源学部 勤務
  • 2015年:(一財)沖縄美ら島財団総合研究センター 現職
    ※民間企業等に所属した経歴は省略

受賞歴

  • 2009年:日本農業農村工学会京都支部大会 優秀賞
  • 2010年:日本雑草学会第49回大会 ベストポスター賞

書籍

  • 赤井賢成, 2014, 里地・里山・里海に暮らす植物たち(分担執筆), 「里地里山里海の生きもの学」, 吉岡俊人編, 福井県大学連携リーグ双書4, 福井県総務部大学・私学振興課, pp.226.
  • 赤井賢成, 2012, 「池田町うららの町の雑草図鑑」(単著), 池田の郷 水と土を守る会, pp.160.
  • 赤井賢成, 2011, 「雑草学事典」(分担執筆), 日本雑草学会雑草学事典編集委員会編, 日本雑草学会, pp.362.
  • 赤井賢成, 1999, 「滅びゆく兵庫の生物たち –兵庫の稀少植物」(単著), 姫路市立手柄山温室植物園, pp.26.
  • 赤井賢成, 1996, 「RED DATA ひょうごの野生植物 –絶滅が心配されている植物たち」,福岡誠行編, 神戸新聞総合出版センター, pp.222, (分担執筆).

論文・レポート

  • 赤井賢成, 2016, 沖縄県の自然史資料の充実と希少植物の保全に向けた(一財)沖縄美ら島財団の今後の取り組み, 日本植物園協会誌(投稿中).
  • 赤井賢成, 2016, 沖縄の大木 オオバアコウ, 南ぬ風, 4, 9, (一財)沖縄美ら島財団.
  • 赤井賢成, 2016, 調査研究 かけがえのない沖縄の植物を守りぬく, 南ぬ風, 40, 6-7, (一財)沖縄美ら島財団.
  • 古原洋・万小春・赤井賢成・汪光熙, 2011, 雑草モノグラフ7.ミズアオイ(Monochoria korsakowii Regel et Maack), 雑草研究, 56(3), 166-181.
  • 赤井賢成, 2011, 四国でも見つかった新種ムラサキトキンソウについて, 高知県立牧野植物園 高知県植物誌ニュースレター(26).
  • 赤井賢成, 2010, 基盤整備事業における水田の植物を対象とした環境配慮について, 水と土, 160, 35-43.
  • 赤井賢成, 2009, オオキンケイギク, 福井県自然保護センター・海浜自然センター ナチュラリスト, 56, 6-7.
  • 赤井賢成, 2007, 福井県のフロラに関する資料(3), 福井総合植物園研究紀要, 5, 43-44.
  • 赤井賢成・香川正行, 2007, 福井市で確認されたクロヤツシロランGastrodia pubilabiata (ラン科)の新産地と生育状況, Ciconia, 12, 25-34.
  • 赤井賢成・高橋智子・高橋茉莉子, 2007, 福井県における外来植物の生育状況(1)‐国道8号線板垣交差点付近の沿道植生のフロラ調査から‐, Ciconia, 12, 19-23.
  • 赤井賢成, 2006, 福井県のフロラに関する資料(2), 福井総合植物園研究紀要, 4, 45-53.
  • 赤井賢成・三宮直人・三宅尚・小林史郎・永益英敏, 2005, 高知県室戸市で確認されたカミガモソウGratiola fluviatilis(ゴマノハグサ科)の新産地とその生育状況, 植物地理・分類研究, 53(2), 207-211.
  • 赤井賢成, 2005, 福井発:生きものたちのSOS〜消えゆくふるさとの動植物, 福井市自然史博ニュースレター 博物館だより, 325, 3.
  • 赤井賢成, 2004, 福井県のフロラに関する資料(1), 福井市自然史博物館研究報告, 13, 157-172.
  • 赤井賢成・福岡誠行・黒崎史平, 2002, 兵庫県産維菅束植物4 マメ科, 人と自然, 13, 157-172.
  • 赤井賢成・福岡誠行・黒崎史平, 2000, 兵庫県産維菅束植物2 裸子植物亜門, 人と自然, 11, 85-104.
  • 赤井賢成・中堀謙二・菅原聡, 1991, ハイマツ群落の花粉生産量について, 日本林学会中部支部大会講演論文集, 39, 67-68.

発表

  • K. AKAI, T. YOSHIOKA, H. IKEDA and N. WALSH, 2016, Two New Species of Centipeda (Asteraceae: Athroismeae) from Japan, East Asian Plant Diversity and Conservation 2016 (Tokyo).
  • 赤井賢成, 2016, 沖縄県で確認されたサクラソウ科ハイハマボッス属植物の正体, 日本植物学会第80回沖縄大会(宜野湾).
  • 赤井賢成, 2016, 沖縄の水田に生育する絶滅危惧植物の現状‐絶滅要因と保全対策, 琉球大学熱帯生物圏研究センター 市民公開シンポジウム「絶滅危惧植物をとおして見る沖縄の自然」(那覇).
  • 赤井賢成, 2016, 沖縄県の自然史資料の充実と希少植物の保全に向けた(一財)沖縄美ら島財団の今後の取り組み, 日本植物園協会第51周年記念大会(白馬).
  • 伊東高寛・赤井賢成・吉岡俊人・川畑球一, 2014, 福井県に自生するヨモギ属植物の機能性に関する研究, 第7回北陸合同バイオシンポジウム(富山)
  • 伊東高寛・赤井賢成・吉岡俊人・川畑球一, 2014, 福井県に自生するヨモギ属植物の機能性評価, 日本フードファクター学会第 19 回学術集会(鹿児島).
  • 吉岡俊人・赤井賢成・岡敏弘, 2013, 絶滅危惧ⅠB類植物アゼオトギリの生態と福井県丸岡地域個体群の保全に向けたリスク, 種生物学会第45回(別府).
  • K. Akai, M.V. Kryukova, L.A. Antonova and A. Vorobyeva, 2014, Weed flora in the flood plain of the Amur River in Khabarovsk territory, Russian Far East, 日本雑草学会第53回大会(東京).
  • 赤井賢成, 2012, 知られざる雑草・識られざる雑草 池底等で見つかった未記載の雑草たち, 日本雑草学会第51回大会(つくば).
  • 赤井賢成・吉岡俊人, 2011, 県南部における森林性の希少野生植物種(シカ被害種)の現状把握と絶滅回避のための基礎的研究, 福井県立大学地域貢献研究成果発表会(福井).
  • 赤井賢成・間脇正博・井上健一・渡邊修・吉岡俊人, 2011, 高分解能衛星GeoEye-1,WorldView-2画像を用いた水田における強害草発生箇所と根腐れ発生箇所及び大豆ほ場における雑草発生状況の把握, 日本雑草学会第50回大会(東京).
  • 赤井賢成・武浪秀子・沢和浩・杉山多喜子・葛西英明・久米修・志賀隆・小川誠・矢野興一・池田博・吉岡俊人, 2011, ムラサキトキンソウ(仮称)の新産地と生育状況, 日本雑草学会第50回大会(東京).
  • 赤井賢成・矢野興一・池田博・小川誠・吉岡俊人, 2011, キク科トキンソウ属の新植物:ムラサキトキンソウ(仮称)の分布と外部形態, 植物地理・分類学会2011年度大会(京都).
  • 赤井賢成, 2011, 農地の衛星画像解析, 遼寧農業大学(中国・瀋陽).
  • 藤野美海・赤井賢成・汪光熙・冨永達, 2010, ミズアオイ集団における昆虫の訪花行動, 日本雑草学会第49回大会(福井).
  • 赤井賢成・間脇正博・鈴木研二・渡辺修・吉岡俊人, 2010, GeoEye-1高分解能衛星画像を用いた水田内の強害雑草発生箇所の抽出の試み, 日本雑草学会第49回大会(福井).
  • 赤井賢成・荒木栄一・水沼貞・吉岡俊人, 2010, DNASYS TAXONを用いた水田雑草DNAデータベースの作成, 日本雑草学会第49回大会(福井).
  • 斎藤聖也・猪坂純平・荻野裕平・三谷和範・赤井賢成・吉岡俊人, 2010, 福井県立高志高等学校周辺における特定外来生物オオキンケイギクの分布と侵入経路, 日本雑草学会第49回大会(福井).
  • 高橋智子・赤井賢成・吉岡俊人, 2010, 福井市における特定外来生物オオキンケイギクの分布と生育状況, 日本雑草学会第49回大会(福井).
  • 上野秀治・前野正博・赤井賢成・吉岡俊人, 2010, 土壌硬化資材が畦畔植生に及ぼす影響について, 日本雑草学会第49回大会(福井).
  • 赤井賢成・松岡成久・小川誠・矢野興一・池田博・吉岡俊人 他, 2010, キク科トキンソウ属の新植物:ムラサキトキンソウ(新称), 日本雑草学会第49回大会(福井).
  • 赤井賢成・村川亮人・伊丹勝彦・吉岡俊人, 2009, 土地改良後の時間経過に伴う土壌理化学性の変化と外来植物の生育状況, 日本雑草学会第48回大会(倉敷).
  • 赤井賢成・伊藤孝時・間脇正博・吉岡俊人, 2009, 福井県池田町の特別栽培米生産ほ場における要防除雑草と絶滅危惧水田雑草の発生状況, 日本雑草学会第48回大会(倉敷).
  • 赤井賢成・植松俊太郎・吉岡俊人, 2009, 福井県坂井市のため池「加戸の大堤」の堆積物に含まれる土壌シードバンクの種組成, 日本雑草学会第48回大会(倉敷).
  • 渡邊修・吉岡俊人・赤井賢成・嶺田拓也・関岡裕明, 2009, ALOS衛星画像による水田土壌水分含量の推定, 日本雑草学会第48回大会(倉敷).
  • 上野秀治・前野正博・赤井賢成, 2009, GISを用いたアカガエル類の産卵適地に関する生息ポテンシャルマップ評価, 日本農業農村工学会京都支部大会(富山).
  • 小澤友理子・今泉智通・稲垣栄洋・栗山由佳子・赤井賢成・汪光熙・冨永達, 2008, 静岡県麻機遊水地に生育するミズアオイの遺伝的多様性, 日本雑草学会第47回大会(宇都宮).
  • 高橋智子・高橋典子・赤井賢成・吉岡俊人, 2008, 福井市における特定外来種オオキンケイギクの分布と生育状況, 第11回近畿雑草研究会(大阪).
  • 伊藤孝時・赤井賢成・吉岡俊人, 2008, 福井県池田町の特別栽培米ほ場における絶滅のおそれのある水田雑草の生育状況, 第11回近畿雑草研究会(大阪).
  • 赤井賢成, 2008, 減農薬で取り組む絶滅危惧水田雑草との共生をめざした米作り, 里地里山保全再生全国フォーラム(福井).
  • 赤井賢成, 2008, 福井県における外来植物の現状と海浜植生における外来植物の駆除方法について, 福井県自然観察指導員の会研修会(福井).
  • 高橋智子・赤井賢成・吉岡俊人, 2007, 福井県における外来植物の生育状況(1)‐国道8号線板垣交差点付近の沿道植生のフロラ調査から‐, 日本雑草学会第46回大会(那覇).
  • 赤井賢成, 2007, 福井の自然を考慮した生物多様性緑化, 人とツキノワグマの共存を考える研修会(福井).
  • 赤井賢成・三宮直人・三宅尚・小林史郎・永益英敏, 2005, 高知県室戸市で確認されたカミガモソウの新産地とその生育状況, 第4回日本植物分類学会(高知).
  • 赤井賢成, 2005, 福井市における絶滅危惧植物の重要な生育地(ホットスポット) 越前海岸と福井平野の調査から, 福井総合植物園プラントピア朝日(越前).
  • 赤井賢成, 2005, 福井平野と周辺の段丘・丘陵地における絶滅危惧植物の生育状況について
    福井陸水生物研究会総会・研修会(福井).
  • 赤井賢成・中堀謙二・菅原聡, 1991, ハイマツ群落の花粉生産量について, 日本林学会中部支部大会(伊那).

所属学会等

  • 植物地理・分類学会
  • ヒマラヤ植物研究会
  • 日本植物学会
  • 沖縄生物学会

事業年報

平成27年度

調査研究編

 

ページTOPへ