スマートフォンサイトはこちら
沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

亜熱帯性植物の調査研究

研究スタッフ紹介

遠藤 達矢

遠藤 達矢 (えんどう たつや)

専門分野 分子生物学、生化学、農学
研究内容 沖縄の有用植物の栽培技術に関する研究
沖縄の有用植物に含まれる機能性分子の解析

経歴

  • 2005年:京都大学農学部 卒業
  • 2007年:京都大学大学院生命科学研究科修士課程 修了
  • 2011年:京都大学大学院生命科学研究科博士課程 修了(博士・生命科学)
  • 2015年:(一財)沖縄美ら島財団総合研究センター 現職

論文

  • Endo T, Mihara Y, Furumoto T, Matsumura H, Kai Y, Izui K. Maize C4-form phosphoenolpyruvate carboxylase engineered to be functional in C3 plants: mutations for diminished sensitivity to feedback inhibitors and for increased substrate affinity. J Exp Bot. 59, 1811-1818 (2008).
  • Endo T, Kusakabe M, Sunadome K, Yamamoto T, Nishida E. The kinase SGK1 in the endoderm and mesoderm promotes ectodermal survival by down-regulating components of the death-inducing signaling complex. Sci Signal. 4, ra2 (2011).

 

ページTOPへ