スマートフォンサイトはこちら

ホーム総合研究センター海洋生物の調査研究研究活動報告 > 沖縄からインドネシアに移動したタイマイ論文が掲載されました

沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

沖縄からインドネシアに移動したタイマイ論文が掲載されました

タイマイは熱帯・亜熱帯地域のサンゴ礁に生息し、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストに掲載される等、絶滅が心配されているウミガメです。沖縄に生息するタイマイは、インドネシアをはじめとした東アジア地域のタイマイと、遺伝的な交流があることは分かっていましたが、移動を確認した例はありませんでした。
我々は沖縄周辺で衰弱したタイマイを保護し、健康状態が回復した後に、2016年7月13日に海洋博公園の砂浜から標識放流を行いました(標準直甲長749mm,体重47.9kg,雄)。その結果、放流から142日後にあたる2016年12月2日、本個体はインドネシアパプア州ヤペン島で再発見されました。直線の移動距離にすると約3200km、このような長距離移動は東アジアにおいては初めての確認となりました。本種の移動回遊に関する知見は未だ乏しく、今後もタイマイの飼育や標識放流を通して、生態の解明に繋げていきたいと考えています。

沖縄からインドネシアに移動したタイマイ論文が掲載されました

著者名

Isao Kawazu, Emi Inoguchi, Ken Maeda, Shingo Fukada, Mariko Omata(太字:財団職員)

題名

Long-distance movement of a tag-released hawksbill turtle from Japan to Yapen Island, Papua Province, Indonesia

雑誌名

Fauna Ryukyuana

論文リンク

http://w3.u-ryukyu.ac.jp/naruse/lab/Contents_E_files/45-1_Kawazu_etal.pdf


お問い合わせ お気軽にご連絡ください。
TEL:0980-48-2742 / FAX:0980-48-4399

 

ページTOPへ