スマートフォンサイトはこちら

ホーム総合研究センター海洋生物の調査研究研究活動報告 > ヤシガニの調査に人工知能を導入しました

沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

ヤシガニの調査に人工知能を導入しました

当財団の過去の研究で,絶滅危惧種のヤシガニは甲羅の模様で個体識別が可能であることが判明し,その技術を活用して数々の生態的側面が明らかにされてきました。現在も,海洋博公園においてモニタリング調査を継続していますが,これまで熟練者の目視に頼っていた模様の照合作業を効率化するために,画像を認識する人工知能を導入いたしました。
来年にかけて様々なアプローチを試み,精度を確実なものとする予定です。将来的には,本種のモニタリングに広く使用していただけるシステムになることが期待できます。

ヤシガニの体表の模様は,脱皮を経ても変化しないため,これによって個体識別ができる

照合システムの画面


お問い合わせ お気軽にご連絡ください。
TEL:0980-48-2266 / FAX:0980-48-2200

 

ページTOPへ