スマートフォンサイトはこちら

ホーム総合研究センター海洋生物の調査研究研究活動報告 > クロウミガメの繁殖成功に関する論文が掲載されました

沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

クロウミガメの繁殖成功に関する論文が掲載されました

クロウミガメはガラパゴス諸島等の東太平洋が主な生息地で、国内では沖縄島を含めた南西諸島を中心に発見されています。海洋博公園のウミガメ館では1999年よりクロウミガメの雌雄の飼育を開始し、2017年6月、飼育下での繁殖に世界で初めて成功しました。また、今回の繁殖成功によって、雌クロウミガメの成熟開始サイズや、卵形成に要する日数等が明らかになりました。本種の繁殖生態については知見が乏しく、今後も飼育を継続することで、また新たな知見が得られることが期待できます。

著者名

Isao Kawazu, Ken Maeda, Shingo Fukada, Mariko Omata, Takahiro Kobuchi, and Masae Makabe(太字:財団職員)

題名

Breeding success of captive black turtles in an aquarium

雑誌名

Current Herpetology

DOI

http://www.bioone.org/doi/10.5358/hsj.37.180

  • クロウミガメの繁殖成功に関する論文が掲載されました
  • クロウミガメの繁殖成功に関する論文が掲載されました
お問い合わせ お気軽にご連絡ください。
TEL:0980-48-2266 / FAX:0980-48-2200

 

ページTOPへ