スマートフォンサイトはこちら

ホーム総合研究センター海洋生物の調査研究研究活動報告 > トラフザメの性ホルモンの変動と生殖状態との関係についての論文が掲載されました

沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

トラフザメの性ホルモンの変動と生殖状態との関係についての論文が掲載されました

  • メストラフザメの性ホルモンの変動が生殖状態を反映していることを明らかにした
  • 性ホルモンの変動を基に、メスの生殖状態を類推することが可能となった
  • トラフザメから得られた情報は近縁種であるジンベエザメへの応用も期待される

サメ・エイ類の飼育下繁殖を推進する上で、繁殖に適した個体を選別することは重要となる。しかしながら、メスは外部形態から生殖状態を判別することが難しいため、その判別指標が求められていました。
本研究では沖縄美ら海水族館で飼育されている性成熟したメストラフザメを対象に1年以上におよぶ生殖器官のエコー観察および血中の性ホルモン濃度の測定を行いました。その結果、性ホルモンの変動が卵発達や産卵期といったメスの生殖状態を反映していることが明らかとなりました。このことから性ホルモンの変動が生殖状態を類推する上で有用な指標となることが示されました。また、トラフザメはジンベエザメと最も近縁であることから、今回得られた結果は今後ジンベエザメの飼育下繁殖に向けても有用な情報になると期待されます。

著者名

Ryo Nozu, Kiyomi Murakumo, Nagisa Yano, Rina Furuyama, Rui Matsumoto, Makio Yanagisawa, Keiichi Sato (すべて財団職員)

題名

Changes in sex steroid hormone levels reflect the reproductive status of captive female zebra sharks (Stegostoma fasciatum)

雑誌名

General and Comparative Endocrinology 265 (2018) 174–179

論文リンク

https://doi.org/10.1016/j.ygcen.2018.03.006

  • 沖縄美ら海水族館で飼育されているトラフザメ
    沖縄美ら海水族館で飼育されているトラフザメ
  • トラフザメ卵巣のエコー画像. 橙線は卵の長径
    トラフザメ卵巣のエコー画像. 橙線は卵の長径
  • トラフザメの採血の様子
    トラフザメの採血の様子
お問い合わせ お気軽にご連絡ください。
TEL:0980-48-2266 / FAX:0980-48-2200

 

ページTOPへ