スマートフォンサイトはこちら

ホーム総合研究センター海洋生物の調査研究研究活動報告 > クロウミガメの赤ちゃんが誕生しました!!

沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

クロウミガメの赤ちゃんが誕生しました!!

海洋博公園・ウミガメ館では、2017年8〜10月に、国内では稀種である「クロウミガメ」の繁殖に初めて成功しました!

クロウミガメの赤ちゃん誕生までの経緯

  • 1999年 雄個体の飼育開始
  • 2009年 雌個体の飼育開始
  • 2015年3月 本種の雌雄の同居開始
  • 2017年3月 超音波画像診断によって雌の性成熟を初めて確認
  • 2017年5月24日 交尾を確認
  • 2017年6月25日 初産卵を記録

以後、7月から8月にかけて5回の産卵を行い、計262個の卵を産出しました。8月27日に初めて孵化を確認し、10月7日までに14個体が産まれました。
今回の繁殖成功によって、雌クロウミガメの成熟開始サイズや、交尾から卵形成に要する日数が明らかになりました。本種の繁殖生態については知見が乏しく、今後も飼育を継続することで、また新たな知見が得られることが期待できます。

クロウミガメ 学名 Chelonia agassizii

メキシコ・バハカリフォルニアからペルー南部、ガラパゴス諸島を中心とした東太平洋が主な生息地とされている。背甲と腹甲が灰色から黒色で、後肢基部の背甲においてくびれが認められることが特徴。国内では、南西諸島を中心に、沖縄本島でも稀に発見されている。

お問い合わせ お気軽にご連絡ください。
TEL:0980-48-2266 / FAX:0980-48-2200

 

ページTOPへ