スマートフォンサイトはこちら

ホーム総合研究センター海洋生物の調査研究研究活動報告 > 沖縄の希少淡水魚「ドジョウ」と「タウナギ」に関する論文が掲載されました

沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

沖縄の希少淡水魚「ドジョウ」と「タウナギ」に関する論文が掲載されました

「ドジョウ」と「タウナギ」は水田や池沼を主な生息地とする純淡水魚で、東アジア周辺に広く分布します。両種は琉球列島にも分布しており、他の地域と隔離され独自の分化をとげた、“沖縄在来の固有個体群”の存在が知られています。しかし、両個体群は、生息環境の悪化と減少にともない激減しており、絶滅も危惧されています。また、両種は観賞用や食用として流通していることから、外部個体群の人為的持込による遺伝子汚染も懸念されています。
沖縄島北部に位置する沖縄県立北部農林高校の敷地内を流れる水路では、かねてより両種が頻繁に目撃されていましたが、これまで学術的な調査が行われたことはありませんでした。そこで、同校の生物研究部と共同で両種の生息密度を調査したところ、ドジョウ4.67個体/m²、タウナギ1.78個体/m²と、いずれも高い密度で生息していました。また、採集した個体のDNAを分析したところ、全ての個体が沖縄在来系統に属することが確認され、保全すべき貴重な個体群であることが分かりました。今後は、同校とも協力しながら本生息地の保全対策を検討していく予定です。

著者名

宮本圭1、岡慎一郎1、與那嶺創2、東江涼夏2、玄番雛2、花原望1
1(一財)沖縄美ら島財団、2沖縄県立北部農林高校

題名

沖縄県名護市におけるドジョウとタウナギの高密度生息地とその遺伝的特性

雑誌名

Fauna Ryukyuana 34: 15-20.

論文リンク

http://w3.u-ryukyu.ac.jp/naruse/lab/Fauna_Ryukyuana.html

採集されたドジョウ(A)とタウナギ(B)
採集されたドジョウ(A)とタウナギ(B)


お問い合わせ お気軽にご連絡ください。
TEL:0980-48-2266 / FAX:0980-48-2200

 

ページTOPへ