スマートフォンサイトはこちら
沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

普及啓発の取り組み

スタッフ紹介

永田 俊輔

永田 俊輔 (ながた しゅんすけ)

専門分野 造礁サンゴの骨格形態に基づく分類
活動内容 美ら島研究センターにおける各種イベントの企画・実施
造礁サンゴやサンゴ礁に生息する生き物を題材にした環境学習

経歴

  • 2008年:福岡大学理学部地球圏科学科 卒業
  • 2010年:福岡大学大学院理学研究科地球圏科学専攻 修士課程 修了
  • 2010年:(財)海洋博覧会記念公園管理財団(現:沖縄美ら島財団)総合研究センター 現職

論文・レポート

  • 永田俊輔・杉原薫・入野智久・渡邊剛・山野博哉.2013.日本の亜熱帯域と温帯域におけるキクメイシDipsastraea speciosa (Dana, 1846) の骨格成長.日本サンゴ礁学会誌,15:37-56.
  • 岡慎一郎・宮本圭・徳武浩司・永田俊輔・山崎啓. 2016. 海洋博公園の野生ヤシガニ資源を活用した環境教育. 環境教育, 26:78-84.
  • 杉原薫・園田直樹・今福太郎・永田俊輔・指宿敏幸・山野博哉.2010.九州西岸から隠岐諸島にかけての造礁サンゴ群集の緯度変化.日本サンゴ礁学会誌,11:51-67.
  • 深見裕伸・立川浩之・鈴木豪・永田俊輔・杉原薫.2010.日本における造礁性イシサンゴ類の同定の現状とその分類学的問題点.日本サンゴ礁学会誌,12:17-31.
  • Naoko Isomura, Yuichiro Baba, Shunsuke Nagata, Masanori Nonaka & Hiromi Hannah Yamamoto. 2013. The relationship between genetic similarity and reproductive success in the branching coral Acropora intermedia. Marine Biology Research Volume 9, Issue 2, 181-188.
  • 永田俊輔・杉原薫・入野智久・渡邊剛・山野博哉.2013.日本の亜熱帯域と温帯域におけるキクメイシDipsastraea speciosa (Dana, 1846) の骨格成長.日本サンゴ礁学会誌,15:37-56.

所属学会等

  • 日本サンゴ礁学会
  • 日本造礁サンゴ分類研究会 ほか

事業年報

平成25年度

普及啓発編

平成26年度

普及啓発編

ページTOPへ