スマートフォンサイトはこちら
沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

普及啓発の取り組み

スタッフ紹介

伊藝 元

伊藝 元 (いげい はじめ)

専門分野 海産無脊椎動物(特に貝類、ウニ類、ヒトデ類、ナマコ類)
活動内容 沖縄の潮間帯に生息する貝類についての普及啓発プログラムの企画・実施
沖縄近海に生息するウニ類、ヒトデ類の観察とそれに寄生する巻貝類についての普及啓発プログラムの企画・実施

経歴

  • 1998年:名桜大学国際学部観光産業学科卒業
  • 2001年:琉球大学大学院理工学研究科 博士前期課程 海洋自然科学専攻修了
  • 2003年:海洋博覧会記念公園管理財団(現:(一財)沖縄美ら島財団)沖縄美ら海水族館魚類課勤務
  • 2015年:(一財)沖縄美ら島財団関連子会社 OSC株式会社 出向
  • 2017年:(一財)沖縄美ら島財団総合研究センター 現職

論文

  • 伊芸元(2013)沖縄産ナガウニ類に寄生するMonogamus entopodia ホンナガウニヤドリニナ(新称, ハナゴウナ科)について ちりぼたん43:No1-4 31-34
  • Yoichi Kogure ・ Hajime igei(2013)First record of the large tropical oreasterid sea star Poraster superbus(Echinodermata , Asteroidea) from Japanese waters Biogeography 15.33-36
  • 伊芸 元・東地 拓生・髙野 剛史(2014)沖縄県慶伊瀬島沖で採集されたヤツデウスラヒトデに寄生するハナゴウナ科貝類 ちりぼたん 45:No.2 59-61
  • 新垣裕治・宮良工・宮本真琴・伊芸元(2016)沖縄県屋我地島の饒平名干潟に分布拡大する国内移入種であるヒルギダマシ(Avicennia marina)に関する研究ー干潟生態系へ与える影響についてー 名桜大学総合研究 No.25
  • 新垣裕治・伊芸元(2003)移入動物に関する研究 -名護市におけるマングースの分布- 名桜大学総合研究所紀要 5:17-55
  • 新垣裕治・伊芸元(2011)移入動物に関する研究Ⅱ沖縄県本部町・今帰仁村・恩納村・宜野座村・金武町におけるジャワマングース (Herpestes javanicus)の分布調査 名桜大学総合研究 18:53-78

発表

  • 沖縄産ナガウニ類に寄生する寄生貝の宿主特異性とその寄生構造について 沖縄生物学会 38回大会 2001年 口頭発表
  • ハナゴウナ科Eulimidaeに属する貝類と沖縄産ナガウニ類の宿主選択関係について 日本貝類学会 平成23年度福岡大会 ポスター発表
  • 沖縄本島におけるハブクラゲの分布状況と飼育下ので繁殖 日本サンゴ礁学会 第12回大会 平成21年11月 ポスター発表
  • ハブクラゲの展示について 平成18年度 動水協九州ブロック技術者研究会 2007年3月 口頭発表

著書

  • 沖縄美ら海水族館 ガイドブック 執筆担当(共著)平成24年10月
  • 移入動物に関する研究 -名護市におけるマングースの分布-対米請求権協会助成シリーズVol.14 2002年 執筆担当(共著)

所属学会等

  • 日本貝類学会
  • 沖縄生物学会
  • 日本動物分類学会

 

ページTOPへ