スマートフォンサイトはこちら

ホーム総合研究センター平成29年度 事業年報 > 6)サンゴ礁域の生物多様性に関する調査研究

沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

6)サンゴ礁域の生物多様性に関する調査研究

山本広美*1

1.はじめに

サンゴ礁生態系は、生物多様性や生産量が特別に高い生態系のひとつとして知られているが、その構成は一様ではない。高い多様性及び生産量を根底から支える基礎生産者という重要な役割を担う生物群として、サンゴ類や植物プランクトンと並んで海藻類(及び海草類)が挙げられる。しかし、沖縄県下の海洋生物相は、サンゴ類や魚類などの動物については報告があるが、海藻類についてのまとまった調査がほとんど行われていないのが現状である沖縄美ら島財団では、本部半島および沖縄島北部での生物相の把握を目的とし、平成18年度から海藻・海草類調査の標本目録調査を行ってきた。沖縄島北部の調査を終え、平成27年度からは備瀬崎と嘉陽海岸に調査地を設置し、海藻・海草類の経年的変化を記録することを目的としてモニタリングを行い本年度で3年目を迎える。

2.モニタリング方法

2.モニタリング方法
図-1 本部町備瀬崎における方形区設置場所

2.モニタリング方法
図-2 名護市嘉陽における調査地

モニタリング調査の内容及び方法等は「モニタリングサイト1000沿岸調査(磯・干潟・アマモ場・藻場)マニュアル 第6版(環境省,2014)」(以下、マニュアル)に一部準拠した。
なお、備瀬は「4.藻場調査」に、嘉陽は「3.アマモ場調査」および「4.藻場調査」にそれぞれ準じて行った。

1)備瀬崎

調査測線を岸沖方向に地図上に設定し、調査測線付近に50cm×50cm方形枠を11か所設定、枠内を調査した。さらにモニタリング定点として2m×2m永久方形枠を設置し、枠内を調査した。

2)嘉陽海岸

毎年同じ場所で海草の消長を観測することを目的に、アマモ場の岸側の分布の縁1点、アマモ場の沖側の分布の縁1点、上記2点間にあるアマモ場に水深あるいは出現種等を考慮しつつ植生帯に合わせて2地点、さらにホンダワラ藻場(ガラモ場)1地点の計5地点の調査地を設定した。
アマモ場ではそれぞれで、50cm×50cm方形枠を20か所設定、枠内を調査した。ホンダワラ藻場(ガラモ場)では2m×2m永久方形枠を設置し、枠内を調査した。
各地点で確認された海藻類及び海草類について、標本作成対象種を選定したのちに方形枠周辺より採取し、標本作成を行った。

3.結果

3.結果
図-4 備瀬崎の海藻種数の経年変化(2m永久方形枠)

3.結果
図-5 嘉陽海岸の海草種別被度

モニタリング調査で確認された海藻類は4門5綱20目36科66属、合計103種類(変種、品種、不明種含む)であり、緑藻類40種類、珪藻類1種類、褐藻類15種類、紅藻類42種類、藍藻類5種類であった。海草類は、被子植物門単子葉植物綱オモダカ目ベニアマモ科3属5種、トチカガミ科2属4種の合計9種であった。確認種数を箇所別にみると、備瀬で海藻類71種類、海草類4種の合計75種類、嘉陽で海藻類54種類、海草類7種の合計61種類であった(図-4)。備瀬における海藻種数は、礁池内が礁縁部よりも高かった。また紅藻類が多く観察された。
嘉陽では、リュウキュウスガモが最も多く、場所によってリュウキュウアマモまたはベニアマモも多く見られた(図-5)。

4.標本作成

4.標本作成
図-6 ラッパモク属sp.の液浸標本

標本作製した種は海藻類15種、海草類3種の計18種(49検体)、生態写真を撮影した種は海藻類73種、海草類9種の計82種であった。

5.教材作成

5.教材作成
図-7 “嘉陽海岸のいきもの”リーフレット

5.教材作成
図-8 磁石パズル
パズルを組み立てると,海藻とその豆知識が出てくる

海藻についての普及啓発を行う教材を作成した。観察会などフィールドでのプログラムではなく、天候に左右されないアクティビティー及び教材作成(冊子)を中心に進め、様々な教育機関などでも活用できるよう以下に留意した。
・嘉陽海岸(イノー)に生息する生物(主に海藻、海草、藻場を利用している動物)を扱う
・興味を持ってもらえるよう親子で楽しめる趣向
・読んで(眺めて)終わらない教材にするために、触覚を刺激する手を動かせる教材
教材は、嘉陽海岸の海草類などを解説した冊子(図-7)、磁石パズル(図-8)、パズル折り紙、海藻クイズを作成した。


*1動物研究室

ページTOPへ