スマートフォンサイトはこちら

ホーム総合研究センター平成29年度 事業年報 > 2)ウミガメに関する調査研究

沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

海洋生物の調査研究

2)ウミガメに関する調査研究

河津勲*1

1.はじめに

世界中の海洋に広く分布するウミガメ類の生息数は、自然環境の悪化等により近年著しく減少していると言われ、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストにも全種が掲載されている。ウミガメ類の保全のためには、その生息状況を把握するとともに、飼育下において繁殖や生態に関する知見を集積する必要がある。本事業ではこれらの問題に対応するため、以下の取り組みを実施した。なお、今年度の成果として、7編の学術論文や出版物を掲載した。

2.産卵調査

2.産卵調査
写真-1 ウミガメの産卵痕跡調査

沖縄本島では、調査ボランティアの方々が主体となりウミガメ類の産卵状況の把握に努めている。その中でも当財団は沖縄県の北西部に位置する本部半島(本部町、今帰仁村、名護市)等での調査を担っている。平成29年度の本部半島では、アカウミガメ、アオウミガメおよびタイマイの産卵が、各々46回、10回および1回確認された。
アカウミガメの産卵は2008年から増加しはじめ、2013年にはピークをむかえたが、2014年から急激に減少し、ピーク時の30%程度と落ち込んだ。今年度も同様の低レベルでの水準を示し、全国的にみても同様の傾向が確認されている。アオウミガメにおいては年々増加傾向を示している。今年度改訂された沖縄県版レッドデータブック(レッドデータおきなわ 改訂第3版)においても、絶滅危惧Ⅱ類(VU)から準絶滅危惧(NT)に下方修正された。一方、本部半島におけるタイマイの産卵は2011年に確認されて以来、6年ぶりとなった。
アオウミガメが沖縄県のレッドデータブックで下方修正されたとはいえ、アカウミガメやタイマイを含めたウミガメ類の生息状況は良いとは言えない。これらの脅威となる混獲や産卵場の環境悪化等が解決されたわけではなく、未だその希少性や保全の必要性は十分にある。今後も引き続き産卵状況のモニタリングを行い、ウミガメ類の生息状況の把握に努める必要がある。当財団としては、これらの調査の実施に加え、レッドデータブックの評価および執筆、IUCNのウミガメ専門部会委員に職員が就任する等、国際的な活動への協力にも注力し、ウミガメ類の保全に寄与していく。

3.漂着調査

当財団は沖縄県一般からの情報を元に、海岸に死亡漂着するウミガメ類の調査を行っている。本調査では現場に出向き、種の同定、解剖および計測などを行った。平成29年度にはアカウミガメ、アオウミガメおよびタイマイ、計57例の死亡漂着を確認した。近年、漂着ヒメウミガメの緊急保護が多く、恩納村で漂着した右前肢が欠損したヒメウミガメ幼体の結果については、うみがめニュースレター105号に掲載された。

4.回遊調査

今年度も例年同様に飼育下で繁殖し、1年飼育した150匹ほどのアカウミガメ、アオウミガメおよびタイマイの標識放流調査を、ヘッドスターティング調査(死亡率の高い時期を飼育下で育て、成長後に放流し、生存率向上を図る考え方)と兼ねて行った。
沖縄島西海域の定置網で混獲したアオウミガメに標識を装着した結果、数日後に沖縄島の東海域の定置網で再捕獲された。これは沖縄のアオウミガメが頻繁に地域間移動を行っている証拠となった。本結果についてはうみがめニュースレター106号に掲載された。

5.飼育下における研究

5.飼育下における研究
写真-2 3世代目のアカウミガメ

5.飼育下における研究
写真-3 飼育下で孵化したクロウミガメ

当財団は海洋博公園の管理運営を行っており、公園内にあるウミガメ館で飼育研究を行っている。平成28年度のウミガメ館ではアカウミガメ、アオウミガメ、タイマイおよびクロウミガメの産卵が確認された。
アカウミガメについては飼育下3世代目の繁殖に成功した。今回繁殖した母ガメは、ウミガメ館にて1995年に誕生したメスのアカウミガメで、22才で成熟したことが明らかとなった。
繁殖賞とは社団法人日本動物園水族館協会に加盟する園館で、飼育動物の日本初繁殖に成功した団体に与えられる。今回のタイマイの繁殖結果から、当財団が繁殖賞(自然)を受賞した。
世界初のクロウミガメの飼育下繁殖に成功し、雌クロウミガメの成熟開始サイズや、卵形成に要する日数が明らかになった。得られた結果について、秋田で行われた第62回水族館技術者研究会において発表報告したところ、ベストプレゼンテーション賞を受賞した。
当財団ではタイマイの人工授精を実施し、タイマイの精液保存技術について基礎的検討を行った。電子刺激法によって採取した精液を用いて、他の複数の動物専用希釈液中での精子生存率についてスクリーニングした。結果についてはうみがめニュースレター106号に掲載された。

6.国際ウミガメシンポジウムの参加

6.国際ウミガメシンポジウムの参加
写真-4 研究発表の様子

第38回国際ウミガメシンポジウムは、平成30年2月18日~23日に兵庫県神戸市において開催された。約55か国から600名が参加し、研究発表、ワークショップ、地域会合、IUCNの会議等が開かれ、当財団としては、スポンサー、国内組織委員およびプログラム議長として、本シンポジウムを支援した。また、財団職員による繁殖、健康管理、教育等に関わる4題の研究発表を行い、海外の関連する研究者等と、発表内容や今後の共同研究内容について議論した。


*1動物研究室

ページTOPへ