スマートフォンサイトはこちら
沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

琉球文化の調査研究

勝連 晶子

勝連 晶子

勝連 晶子 (かつれん しょうこ)

専門分野 琉球史
研究内容
  • 琉球王国の食文化に関する研究
  • 近世琉球の医史学に関する研究

経歴

  • 2004年:琉球大学法文学部国際言語文化学科 卒業
  • 2004年:財団法人沖縄県文化振興会公文書管理部 史料編集嘱託員
  • 2008年:琉球大学大学院人文社会科学研究科国際言語文化専攻 博士前期課程 修了
  • 2008年:財団法人沖縄県文化振興会(沖縄県公文書館)一般嘱託員
  • 2010年:うるま市教育委員会教育部 市史編さん業務嘱託員
  • 2015年:沖縄県教育庁文化財課 史料編集業務嘱託員
  • 2016年:うるま市教育委員会教育部 市史編さん業務嘱託員
  • 2017年9月:(一財)沖縄美ら島財団 総合研究センター 現職

論文・レポート・報告書

  • 勝連晶子,2009,近世琉球の医者に関する一考察〜医業の継承と医官の任職の問題を中心として〜,首里城研究,No.11,首里城公園友の会
  • 勝連晶子,2010,近世琉球の医師養成に関する試論-医道稽古と〈留学〉,琉球大学 人の移動と21世紀のグローバル社会Ⅰ 沖縄・ハワイ コンタクトゾーンとしての島嶼,彩流社
  • 勝連晶子,2011,近世琉球における医療活動の諸相〈序説〉~医官・医役の活動を中心として~,首里城研究,No13,首里城公園友の会
  • 勝連晶子,2015,史料紹介 山形大学小白川図書館所蔵・旧林泉文庫「言上書写」について,蔡大鼎『伊計村遊草』等調査研究事業研究成果報告書,うるま市教育委員会
  • 榮野川敦・勝連晶子,2015,研究ノート 戦前に流出した琉球・沖縄関係資料について, 蔡大鼎『伊計村遊草』等調査研究事業研究成果報告書,うるま市教育委員会
  • 都築晶子・勝連晶子,2017,翻刻:林世勲旧蔵『漢文 呈巻之弐』(山形大学小白川図書館蔵)-琉球末期久米村士族の漢文習得について」,平成26-28年度科学研究費補助金「新出資料による琉球処分期琉球知識人の総合的研究-そのアイデンティティに着目して-」報告書,研究代表者 高津孝

発表

  • 2008年, 近世琉球の医者をめぐる一考察-家譜資料にみる医者の系譜と在職形態-,沖縄文化協会公開研究発表会
  • 2009年,近世琉球の医師養成に関する試論-医道稽古と留学-, 人の移動と21世紀のグローバル社会 国際シンポジウム
  • 2012年,近世期先島における医療知識・技術の修得-首里王府の医療政策との関わりから-,平成24年度名桜大学総合研究所国際シンポジウム「琉球・沖縄の『留学』と社会形成」
  • 2015年,琉球社会における医者の昇進・昇位と身分の上昇,第3回琉球身分制研究報告会

学会

  • 沖縄文化協会

年報

平成29年度

調査研究編

ページTOPへ