スマートフォンサイトはこちら

ホームお知らせ > 沖縄美ら島財団のノウハウを社会教育へ H25.4から「県立名護青少年の家」指定管理者へ

お知らせ

沖縄美ら島財団のノウハウを社会教育へ H25.4から「県立名護青少年の家」指定管理者へ

2013.03.22

このたび、当財団では県立名護青少年の家の指定管理者として特定を受けましたのでお知らせいたします。指定期間は平成25年4月1日から平成30年3月31日までの5年間です。
 

経緯

これまで国営公園等の管理運営で培ってきたノウハウやネットワークを社会教育施設の運営管理へ 役立て地域や社会へ貢献しようと、沖縄県が設置している「県立名護青少年の家」の指定管理者へ昨年応募し、選定委員会による選考及び県議会での議決を経 て、去る2月28日(木)に沖縄県より当該施設の指定管理者として特定されました。

 

指定期間

平成25年4月1日から平成30年3月31日(5年間)

 

管理方針

基本方針を、やんばるの童子(わらびんちゃー)と地域のユイマール精神を育む「美ら島自然の学び舎」と定め、実施方針として5つの柱に力点を置いて管理運営を行います。


1.地域のユイマール
地域の教育関係団体の長を委員とする運営協議会を組織し、 ユイマール精神を活かした施設運営を行います。

2.安全・安心な 学び舎空間
安全で安心な学び舎空間を提供するとともに、おもてなしの心で快適な利用サービスをお約束します。

3.ノウハウを活用
財団のノウハウを活用し、やんばるの自然に学ぶ団体宿泊訓練、自然体験活動の強化に取り組みます。

4.やんばるの自然資源
自然資源を活かした四季折々の多彩なプログラムで、利用者の目的や教育目標に沿った助言、指導を提供します。

5.独自のネットワーク
学校を始め様々な施設へ広報・訪問活動を行い、幅広い層の方に社会教育や生涯学習の機会を提供します。



お問い合わせ先

名護青少年の家
沖縄県名護市字名護5511
Tel:0980-52-2076
Fax:0980-52-3082
http://www.opnyc.jp/

ページTOPへ