スマートフォンサイトはこちら

ホーム > 美ら島自然学校とは

美ら島自然学校とは

美ら島自然学校とは
  • 美ら島自然学校の風景1
  • 美ら島自然学校の風景2
  • 美ら島自然学校の風景3
  • 美ら島自然学校の風景4
小学校跡地を活かした自然学校
2009年に閉校した旧名護市立嘉陽小学校の跡地を活かして、開校しました。小学校の雰囲気を残しながら、新たな学習の場としての「美ら島自然学校」を多くの方にご利用していただきたいと考えております。
太平洋を臨む豊かな環境
美ら島自然学校のある沖縄本島北部は「やんばる」と呼ばれ、固有種を含め様々な動植物が生息する豊かな環境です。海と山の豊かな自然に囲まれた施設の特性を活かし、研究や教育活動の拠点として活用していきます。
誰でも無料で利用できる学習施設
※一部実費等を頂く場合がございます。

こんな時にご利用ください

海や山などの自然を題材とした学習を行います。
調査を行なう子どもたちの様子
沖縄本島北部地域(やんばる)の動植物や文化についての調査・研究などの活動拠点として研究室や実験室を活用していただけます。
自然教室や工作室など様々なイベントを行っています。
  • 一般の方へ(観察会や学習会などへの参加や、常設している図書や標本なども利用できます。)
  • 学校関係者の方へ(理科・国語・社会・総合学習などと連動した学習プログラムを利用できます。)
  • (野外活動や調査研究の活動拠点として、研究室・実験室などを利用できます。)

美ら島自然学校設立までの経緯

2009年3月 名護市立 嘉陽小学校 閉校(99年間 1946年以降の卒業生621名)
2011年7月 「二見以北4小学校跡地等利用に関わる事業 実施要領」公表(名護市)
2012年2月~2015年11月 高潮対策の為、堤防嵩上・スロープ工事(沖縄県)
2012年3月 嘉陽・安部区住民への説明会(名護市、財団)
2012年7月 跡地利用事業者を財団に決定(名護市)
2012年7月~2014年9月 旧管理棟・旧体育館を撤去、外構トイレ施設を 新設(名護市)
2014年10月1日 名護市と財団で賃貸借契約締結(契約期間 20年)
2012年7月~2014年9月 旧管理棟・旧体育館を撤去、外構トイレ施設を 新設(名護市)
2014年10月~2015年7月 教室棟・研究棟を整備、電話敷設など
2015年7月21日 美ら島自然学校を開校(財団)

 

第一種取扱業に関する表示

申請者 (一財)沖縄美ら島財団 理事長
事業所の名称 (一財)沖縄美ら島財団
事業所の所在地 沖縄県国頭郡本部町字石川888
施設名称 美ら島自然学校
飼養施設所在地 沖縄県名護市嘉陽41番地
動物取扱業の種別 展示
登録番号 沖動展923号
登録年月日 平成28年10月4日
登録の有効期間の末日 平成33年10月3日
動物取扱責任者の名前 前田好美

ページトップに戻る